読書メモ:『40歳からの会社に頼らない働き方』 柳川範之

40歳からの会社に頼らない働き方 (ちくま新書)40歳からの会社に頼らない働き方 (ちくま新書)
柳川 範之

筑摩書房 2013-12-04
売り上げランキング : 13943

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

1年ぶりくらいにブログを書いてみた。
読んだ本なんかは以前みたいに記録してみようかと思う。

少しずつ踏み出してみる、
もう一回ブログを書いてみようかと思ったのもこの本の影響が少しはあるかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

読書メモ:『鉄の骨』 池井戸潤

鉄の骨 (講談社文庫)鉄の骨 (講談社文庫)
池井戸 潤

講談社 2011-11-15
売り上げランキング : 1567

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


池井戸潤はやっぱり面白い。
600ページを超える文庫本だったがあっという間に読み終えた。

本編とは関係なく、印象に残ったセリフ。

「いまが一番いい。そう思うことが大事なんだ。
過去を懐かしむのは構わない。だが過去を羨んではいけない。決してな」

過去を羨んでばかりの自分に、ぐさりと刺さった。
「いまが一番いい」と思おう、そう決意。


人気ブログランキングへ
↑気に入っていただいたら、応援のクリックよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

読書メモ:『初陣 -隠蔽捜査3.5-』 今野敏

初陣: 隠蔽捜査3.5 (新潮文庫)
今野 敏
新潮社 (2013-01-28)
売り上げランキング: 660


隠蔽捜査シリーズの短編集。
警察のキャリアで、幼なじみで同期の竜崎と伊丹。
今回は伊丹の視点からの物語。

こういう関係の幼なじみがいるっていうのはいいなあ、とか、
竜崎の原理原則を大事に動くことで結果を出すスタイルっていいなあ、とか、
伊丹の自己演出で世の中を渡って行きつつ、
本音のところでは結構弱い部分があるところに、
自分と似たところを感じて共感する、とか、
まあ、そんなことを思いながら、気分転換できたかな。

人気ブログランキングへ
↑気に入っていただいたら、応援のクリックよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

読書メモ:『教える技術』 石田淳

行動科学を使ってできる人が育つ!教える技術
石田 淳
かんき出版
売り上げランキング: 1299


最初から最後まで、著者が言いたいのは、
大事なのは「行動」ということだろう。
できるだけ行動を細かく分解して、
それを目標やチェックリストとして活用しながら、行動を教える。
がんばろう、みたいな情緒的なものではなく、
具体的な行動を目標にして、教える。
この本で言いたいのはそういうことと解釈した。

行動を分解するためには、
自分がどういう行動をしているかを振り返る必要がある。
自分自身の仕事を見直すチャンスになる、とも思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

映画メモ:『アンダルシア 女神の報復』

アンダルシア 女神の報復 スタンダード・エディション [DVD]アンダルシア 女神の報復 スタンダード・エディション [DVD]
真保裕一

ポニーキャニオン 2011-12-21
売り上げランキング : 9419

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


織田裕二の外交官黒田シリーズ。
気分転換に観るにイイ映画かな。

どんでん返しといえばどんでん返しの展開ながら、
でも、まあ、そうなるだろうなあと思ってしまう安心感がいいかも。

人気ブログランキングへ
↑気に入っていただいたら、応援のクリックよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

映画メモ:『マネーボール』

マネーボール [DVD]マネーボール [DVD]

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2012-03-21
売り上げランキング : 870

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


メジャーリーグ、アスレチックスのGMビリー・ビーンを主人公とした実話。
限られた予算の中で、お金持ち球団(たとえばヤンキースとか)をどう倒すか?
そこにデータ分析の手法を取り入れて結果を出していく過程を映画化。
野村ID野球みたいなものだろうか?
リサーチャーとしてはずっと気になっていて、ようやく観ることができた。

映画自体はわりと淡々と、実際の映像を交えながら進んでいく。
特別感動した!!という感じでもない。

ただ、これまでスカウトが感覚的に行なってきたことを、
新しい指標を立てて、データを利用して選手を獲得し、戦っていくわけだが、
新しいことをやるときというのはやはり困難が多いもので、
やりきることの大変さを垣間見ることができる。

それから、データがあるだけではやっぱりダメで、
その意味を個人に、組織に埋め込んで、
そしてリーダーがモチベーションを上げる工夫をすることが大事だなあと。
映画ではブラピ扮するビリー・ビーンがそれまでは選手と交わらなかったのに、
途中で選手に檄を飛ばすシーンがあった。
ブラッド・ピットって、こういうシブイ感じの役もやるんだなあ。
なんか単にかっこいい役が多いイメージだったけど。

ちなみにこの映画、本にもなっている。

マネー・ボール (RHブックス・プラス)マネー・ボール (RHブックス・プラス)
マイケル・ルイス 中山 宥

武田ランダムハウスジャパン 2006-03-02
売り上げランキング : 1292

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


人気ブログランキングへ
↑気に入っていただいたら、応援のクリックよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

読書メモ:『武士道エイティーン』 誉田哲也

武士道エイティーン (文春文庫)武士道エイティーン (文春文庫)
誉田 哲也

文藝春秋 2012-02-10
売り上げランキング : 19734

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


『武士道シックスティーン』『武士道セブンティーン』ときて、
今回の『武士道エイティーン』がとりあえずの完結編。
今後も続くのかどうかはわからないけど、
続いて欲しいなあとの思いも込めて「とりあえず」と。

香織と早苗の宿命の対決。
それを見守る先生や友人たち。
こんな熱い高校生活を送りたかったなあ、と思わせられる。
時間を戻せるなら、
高校生くらいからやり直したいかな。
(でも、また受験するのはイヤだから大学からがいいか・・・)

今回は早苗のお姉ちゃんや桐谷先生など、
脇を固める登場人物のエピソードもあり、
本編のストーリーをさらに楽しめる内容になっている。

続きが読みたいなあ、と思わせる1冊。


人気ブログランキングへ
↑気に入っていただいたら、応援のクリックよろしくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

«雑誌メモ:『プレジデント 2012. 4. 30号』 仕事リッチが読む本 バカを作る本