« 新幹線の過ごし方 | トップページ | 新しい携帯電話を買ったのだ! »

本:『警察庁から来た男』 佐々木譲

タイトルからわかるとおりの警察小説。
最初、物語に入りこんでいきづらい感じだったのだけれど、
いつのまにか引き込まれて割と一気に読んだ本。

北海道警察本部に警察庁の特別監査が入る。
道警の闇の部分を、
2つの事件を軸にしながら、解き明かしていく。
ひとつひとつのピースが組み合わさって、
最後に線になったときには、
やっぱりミステリーならではの心地よさがある。
この本はラストまですっきり読めた。

道警シリーズの第二弾ということだけど、
第一弾を読まずとも楽しめた。
第一弾もそのうち読んでみよっかなー。

人気ブログランキングへ
↑応援のクリックをぽちっとお願いします

|
|

« 新幹線の過ごし方 | トップページ | 新しい携帯電話を買ったのだ! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160640/26530702

この記事へのトラックバック一覧です: 本:『警察庁から来た男』 佐々木譲:

« 新幹線の過ごし方 | トップページ | 新しい携帯電話を買ったのだ! »