« 映画:『バンテージ・ポイント』 | トップページ | 新幹線の過ごし方 »

本:『人生がつまらない人へ』 藤原和博

やらなきゃいけないことがあるってのに、
本を読んでしまいました。
だって、つまらないんだもの。。。

日常の中で、
おもしろいと思うことが全くないわけではない。
ラグビー観戦や本・マンガを読んだり、映画を観たり・・・。
だけど、それは刹那な楽しみでしかないわけで。

生活の充実感みたいなものはこのところ感じられない。
夏頃、働きすぎで体調を崩し、1ヶ月の休職。
その前後で自分の気持ちは大きく変わった。
それまでは仕事がすべてみたいな生活だった。
なのに、今はそう思えない。
かといって、こうしたいんだ!っていう目標も見えない・・・。
ただ甘えてるだけ?
それはそうなのかもしれないけれども。。。

そんな中で目に飛び込んできたのがこの本。

転職をうじうじと考えている最近だから、
この箇所は気になった。

最初から「辞めない」決断をするほうが何倍もカッコいいと私は思います。

本当に行き詰ったときには、
一度その場から積極的に「逃げる」戦略も十分にアリだと思っています。
行き詰った現場に必死にしがみついているより、
一度そこを離れ、冷静になる期間をつくる。
そのほうが、長い目で見て、得るものが多いかもしれないからです。

「辞めない」決断をしつつ、積極的に環境を変える。
異動する。
自分の一存で動けるわけではないけれど、
その主張をしてみるのはありなのかも。

どこに生活の主軸をおくか、目標をどこにおくか、
それを考えたときに、やっぱり仕事の充実感がほしい。
趣味に生きるのもいいかなあ、と思ったりもするけれど、
それはまだどこか違うのだ。自分の中では。

あのまま休まず働き続けていたとしても、
きっとどこかでつぶれていたのではないか。
そういう風に思えば、
立ち止まって考えるきっかけができたと思えばいい。
今はもう少し立ち止まりながら、
エネルギーをためることが大切なのかもしれない。

ただ、やるべきことはきちんとやっていかなくては。
自分のペースででも。

人気ブログランキングへ
↑応援のクリックをぽちっとお願いします

|
|

« 映画:『バンテージ・ポイント』 | トップページ | 新幹線の過ごし方 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160640/26433725

この記事へのトラックバック一覧です: 本:『人生がつまらない人へ』 藤原和博:

« 映画:『バンテージ・ポイント』 | トップページ | 新幹線の過ごし方 »