« ホンダF1撤退かあ・・・ | トップページ | 風邪対策! »

本:『起きていることはすべて正しい』 勝間和代

僕は落ち込みやすい。打たれ弱い。
仕事で失敗すると引きずってしまう。

日経新聞の広告で目に入ったのがこの本。
どんな文句だったか忘れてしまったけれど、
勝間さんでも迷っていた時代があったのだな、と
そう思ったのがこの本を手に取ったきっかけ。
勝間本はたくさんでているけれど、
読んだことなかったし、読んでみようかな、と。

「起きていることはすべて正しい」
それにしてもこのタイトルにやられた。
当たり前のようなこの言葉、ぐさっときた。

この言葉の本意を勝間さんはこう言っている。

起きていることはすべて、
自分に対するメッセージ、
あるいは何らかのチャンスとして受け止めよう。
そして、そのメッセージを分析し、
そこに対して自分の持っているパーソナル資産を
正しく割り当て、使い切り、
最大の成果になるように行動を続けよう。

なるほど。
起きてしまったことは、起きた事象として、
あるがままに受け止めるしかないんだ。
あとは、それに対して最大限の対処をするのみ。

お酒飲んで愚痴ってみても、
どんなに逃避してみても、
やっぱり起きたことを解決しないとすっきりしないもんね。

この本の中で、

経理と英語とITができる人材が市場で重宝されます

とあった。

サラリーマン「再起動」マニュアル 大前研一著
の中でも、

21世紀のビジネス新大陸で生き残っていくために
必要なスキルはIT、語学(英語)、財務だと私は考えている

とあった。

3つとも苦手としているところだけど、
少しずつでも勉強していこう。

人気ブログランキングへ←ランキング参加してます
気に入っていただいたら1日1回ぽちっと押してください

|
|

« ホンダF1撤退かあ・・・ | トップページ | 風邪対策! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160640/25964958

この記事へのトラックバック一覧です: 本:『起きていることはすべて正しい』 勝間和代:

« ホンダF1撤退かあ・・・ | トップページ | 風邪対策! »