« 花王+カネボウ=? | トップページ | テニス:錦織、すごい!! »

本:『やる気のスイッチ!』 山崎拓巳

やる気でない病に悩まされる僕。
新聞広告でみつけたこの本を手に取った。

書いてあることに目新しさはなかった。
ただ、わかりやすく書いてある。
写真やイラストがあって、さらっと読める。

目新しさはないけれどヒントはあった。
自分にひっかかったキーワードは
「無意識と上手く付き合う」
「モヤモヤノート」
「妄想日記」
「ひたすら反復」
「思ったことは叶う」
そんなところだろうか。

あ、それから最後の章のこれ。

死は自分の存在すら消えてしまうこと。
それを受け入れるのは難しいだろう。
でも、執着を手放し、あきらめることならできるかもしれない。
人間は致死率100%なんだから。

そう、人間は必ず死ぬ。
僕はよく不安になる。
いろんな理由で。
つきつめていくとそれはすべて死に対する不安だ。

「死」について考えるのは、「生」について考えるのと同じで、 リアルに未来を描くために必要だ。

どんなに「死」について考えてみても、
一度死んでみるなんてことはできないから、
それが何であるかはよくわからない。
だけど、考えていくうちに、
ふといい意味であきらめがつくならば、
何か肩の力が抜けたような気分にはなれるのだろうか。

人気ブログランキングへ
↑気に入っていただいたら1日1回ぽちっとお願いします

|
|

« 花王+カネボウ=? | トップページ | テニス:錦織、すごい!! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160640/26870958

この記事へのトラックバック一覧です: 本:『やる気のスイッチ!』 山崎拓巳:

« 花王+カネボウ=? | トップページ | テニス:錦織、すごい!! »