« WBC1次ラウンド 日本、韓国に惜敗・・・ | トップページ | 「コルテオ」を観てきた »

本:『朝型人間の奥義』 税所弘

朝型人間を目指して、実践しはじめたのは3週間前くらいだろうか。
理想は5時に起きることだけれど、はじめからそれは難しい。
ということで、まずは6時起きを目指しているが、これもまた難しい…。
結局6時半くらいになってしまう。
なんとかならないかなあ、と本書を手に取った。

この本の中では理想的な睡眠を、
23時に寝て5時か6時に起きること、としていた。
そして起きるために必要なのは、結局のところ目的意識。
なぜ早起きするか、意識して能動的に起きることしかないようだ。

朝型人間だとどんな得があるのか。
朝型人間は仕事にムラが少ないらしい。
対して夜型は、確かに夜は集中できるようだが、
1日の中で集中できない時間も朝型に比べて多く不安定であると。
以前は夜型で、現在は少しずつ朝型にシフトしているのだが、
まだそこまではっきりと朝型のメリットは感じていないな…。
何しろ昼間眠くなるから。

昼間の眠気には昼寝をすすめている。
これは別の本でも読んだ。
15分程度、軽く昼寝をすると生産性が上がるようだ。

この本の中で、早起きを続けて自信をつけることだと書かれている。
失敗してもくじけるな、と。
まあ、そうだな、気長にトライしていって、いつの間にか習慣化していればいい。
夜寝る時間は前後しても、朝はきちんと固定の時間に起きるのがいいらしい。
今は6時固定を目指しつつ、徐々に5時固定に持っていきたい。

朝早く起きる目的。
勉強したいから。
仕事仕事の毎日で勉強する時間がなかなか取れず、
英語やマーケティングの勉強をしたいのに進まない。
夜やろうとしても帰りが遅くて難しい。
なら、朝やるしかない。
何か自分に自信が持てるもの、資格をとろうかと思っている。
これを目的として、早起き生活、続けてみよう。

人気ブログランキングへ
↑気に入っていただいたら1日1回ぽちっとお願いします


|
|

« WBC1次ラウンド 日本、韓国に惜敗・・・ | トップページ | 「コルテオ」を観てきた »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160640/28564395

この記事へのトラックバック一覧です: 本:『朝型人間の奥義』 税所弘:

« WBC1次ラウンド 日本、韓国に惜敗・・・ | トップページ | 「コルテオ」を観てきた »