« プロ野球:工藤、埼玉西武に復帰へ | トップページ | 本:『荒ぶるをつかめ! 早稲田ラグビー主将たちの苦闘』 林健太郎 »

本:『朱夏 警視庁強行犯係・樋口顕』 今野敏

約8ヵ月間、読書ノートは別ブログに分けてましたが、
今日からまた『だぶろぐ』に統合することにしましたー。

さて、今回読んだのは今野敏の警察小説。
昔、『隠蔽捜査』を読んで面白かったので、買ってみた。
どうやら樋口シリーズがあるらしく、その2作目である。

ストーリーをざくっと言えば、
樋口警部補の妻である恵子が何者かに誘拐され、
それを樋口が追いかけるというもの。
犯人が誰か?という視点では特に驚きはない。
最初に何となく見当はついてしまう。
ただ、妻を誘拐されて、動揺する樋口にはいつもの勘は働かず、
犯人の姿が見えるようで見えない状態になっている。
そのあたりの心の揺れがこの作品の面白さだろうか。

この本を通していまどきの若者論らしきものが語られるが、
その内容は妥当な部分もあるが、一面的にすぎる気もする。

エンターテインメントとしては十分に楽しめるが、
それぞれのキャラクターの心の動きはもっと深掘りしてほしかったような気もする。
まあ、あまりやりすぎるとエンターテインメント小説として成り立たなくなるのかもしれないが…。

朱夏―警視庁強行犯係・樋口顕 (新潮文庫)朱夏―警視庁強行犯係・樋口顕 (新潮文庫)

新潮社 2007-09-28
売り上げランキング : 36521
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


人気ブログランキングへ
↑気に入っていただいたら1日1回ぽちっとお願いします

|
|

« プロ野球:工藤、埼玉西武に復帰へ | トップページ | 本:『荒ぶるをつかめ! 早稲田ラグビー主将たちの苦闘』 林健太郎 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160640/32222934

この記事へのトラックバック一覧です: 本:『朱夏 警視庁強行犯係・樋口顕』 今野敏:

« プロ野球:工藤、埼玉西武に復帰へ | トップページ | 本:『荒ぶるをつかめ! 早稲田ラグビー主将たちの苦闘』 林健太郎 »