« ラグビー:2009-10大学選手権2回戦 早稲田敗退、3連覇逃す… | トップページ | 本:『どんな時代もサバイバルする人の「時間力」養成講座』 小宮一慶 »

本:『誘拐症候群』 貫井徳郎

貫井徳郎は気になる作家ではあったのだけれど、
今までなかなか読む機会がなかった。
なんとなーく手が伸びなかったという感じ。
今回はこれまたなんとなく気分が乗って読んでみた。

警視庁人事二課の環敬吾が率いる影の特殊工作チーム。
メンバーのある者は私立探偵であり、托鉢僧であり、肉体労働者である。
なんかそう言われると特殊な能力をもった集団のように感じたのだが、
読み進めていくと別にそういうわけでないことがわかった。
そこはちょっと意外だったかな。
環敬吾は特殊な感じで描かれていたけれど…。

主たるストーリーはタイトルどおりの誘拐事件。
それも2つの別々のもの。
特にこれらが絡みあうというわけではないが(まあ、無理やり絡ませる)。
ちなみにインターネットがポイントになるのだけど、
1998年発表の作品なので、内容的にちょっと古い。

と、なんとなくアウトラインだけ書いてみたのだけど、
面白かったのかと言われれば、まあまあ、かなあ。
自称ジーニアスが企てた巧妙な誘拐事件、
これについてはわりと関わる人物たちが深掘りされていたけれど、
もう1つのほうは特に犯人たちの人物像が浅い感じ。
結局、なんだったんだろう?という気もしてしまう…。
テンポよく読めたので楽しめたのだけど、もうちょっと何かが足りない。
そんな感じだったかなあ。

誘拐症候群 (双葉文庫)誘拐症候群 (双葉文庫)

双葉社 2001-05
売り上げランキング : 137125
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


人気ブログランキングへ
↑気に入っていただいたら1日1回ぽちっとお願いします

|
|

« ラグビー:2009-10大学選手権2回戦 早稲田敗退、3連覇逃す… | トップページ | 本:『どんな時代もサバイバルする人の「時間力」養成講座』 小宮一慶 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160640/32774123

この記事へのトラックバック一覧です: 本:『誘拐症候群』 貫井徳郎:

« ラグビー:2009-10大学選手権2回戦 早稲田敗退、3連覇逃す… | トップページ | 本:『どんな時代もサバイバルする人の「時間力」養成講座』 小宮一慶 »