« 読書メモ:『体温を上げると健康になる』 齋藤昌嗣 | トップページ | 雑誌メモ:『プレジデント 2010 2.1号』 24時間の鉄則 »

ラグビー:2009-10TL最終節 サントリー×三洋電機は引き分けで、三洋電機が1位通過

派手なプレーはないけれど、お互いにゆずらない展開。
こういうのを好ゲームというのだろうか。
トップリーグ最終節、サントリー×三洋電機。
勝ったほうがリーグ戦をトップで通過することになる試合。
見応えのある試合の結果は16-16の引き分けだった。
勝ち点差で三洋電機が1位通過、サントリーが2位通過となった。
ちなみに3位が東芝、4位がトヨタ自動車である。

スコアこそ同点ではあったが、
観ていて思ったのは三洋電機のほうが力は上だったのではないかということ。
サントリーにニコラスがいたらもう少し違ったかもしれないが…。

サントリーがトライをとったのは三洋電機のアイブスがシンビンで一時退場した時。
それ以外にチャンスらしいチャンスがなかったような気がする。
そのくらい三洋電機のディフェンスは強かった。
ディフェンスが強いとはこういうことなのだ、と納得させられた。

対してサントリーもディフェンスは強いが、
それでも何度か危ないシーンがあった。
そのたびにその危険をつぶしたのはやはりグレーガンだったが。
今日もグレーガンの危機管理能力は冴えまくり。
やっぱりプロフェッショナルである。
危ないと思うと必ずグレーガンがいて、
自分たちに良い方向へと転換させていく、あの力はすごいと思うhappy02
今日はいくつか凡ミスもあったけど、あれはご愛敬ってことで。

が、今日すごいと思ったのは、やっぱり三洋電機のSOトニー・ブラウンかも。
今までキックでゲームを作るってのはどういうことなのだろう?と思っていたのだけど、
今日のトニー・ブラウンのキックをみて、これか!と思った。
キックでエリアをとるっていうのはこういうことで、
キックからチャンスメイクをするっていうのはこういうことで…。
もちろんディフェンスが強いとか、キックチェイスがいいとか、他の要素があってのことだが、
いやいやそれでもトニー・ブラウンはほんとにサントリーにとってはイヤなところに蹴っていたと思う。

ということで、素人ながらにラグビーの戦術っていうのを垣間見た気がして、
今日のゲームはとても良かったと思う。

サントリーファンとしては、1位通過してほしかったところだけれど、
まあ、今日のところは仕方ないということで。
24日のプレーオフ1回戦、まずは東芝をしっかりと破って、
また三洋電機とやってほしいし、今度はしっかり勝ってほしいところ。

人気ブログランキングへ
↑気に入っていただいたら1日1回ぽちっとお願いします

|
|

« 読書メモ:『体温を上げると健康になる』 齋藤昌嗣 | トップページ | 雑誌メモ:『プレジデント 2010 2.1号』 24時間の鉄則 »

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160640/32925632

この記事へのトラックバック一覧です: ラグビー:2009-10TL最終節 サントリー×三洋電機は引き分けで、三洋電機が1位通過:

« 読書メモ:『体温を上げると健康になる』 齋藤昌嗣 | トップページ | 雑誌メモ:『プレジデント 2010 2.1号』 24時間の鉄則 »