« 雑誌メモ:『日経ビジネスアソシエ 2010新年号』 「朝活」の次は「休活」ですか | トップページ | ラグビー:2009-10TL最終節 サントリー×三洋電機は引き分けで、三洋電機が1位通過 »

読書メモ:『体温を上げると健康になる』 齋藤昌嗣

本屋で大量に平積みされているなあと思っていたら、
気がつけば40万部のベストセラーであった。
それだけ自分が「低体温である」という自覚がある、
あるいは健康に対しての意識が高いということだろうか。
かくいう僕も低体温の自覚があったので本書を手にしてみた。

この本の大前提は、
「体温が1度下がると免疫力は30%低下する」ということであり、
逆に「体温がたった1度上がるだけで免疫力は五倍から六倍も高くなる」ということ。
タイトルどおり体温を上げることが健康につながるということだ。

ちなみに低体温とは平熱が三十六度以下、
健康な人の場合は平熱が三十六・八度 ± 〇・三四度であるらしい。

では、何をすれば体温が上がるのか。
どうやら筋肉を鍛えることが大切なことなのだそうだ。
筋肉量が増えることで基礎代謝量が増える。
基礎代謝量が増えることは、すなわち体温アップにつながるらしい。

ただ、別にきつい筋トレをしろというわけではないようで、
特におすすめされているのはウォーキングを毎朝30分、
雨の日も風の日も行うこと。
そして、3日に1日程度の筋トレを3~5分くらい(腕立て、腹筋、スクワットなど)。
まあ、しかし、運動自体は簡単なようでいて、
日常生活の中で継続していくのが難しい…。

ちなみにウォーキングは「朝」やることがオススメされている。
著者の示す理想的な生活では、5時起床でウォーキング、
なので就寝は10時が理想的であるらしい。
「そんなの無理だよ!!」と思ったら、
現代の生活では難しいし、自分自身もできているわけではないと。
ただ、この理想にどれだけ近付けられるかなんだろうなあ、と思った。

そんなわけで、「体温を上げる」ということをキーワードに、
どういう生活をすればいいか、具体的にアドバイスされている。
あとはこれをどれだけ自分の生活に合わせて取り入れ、実行するかだなあ。

そういえば昔、テレビのドキュメントでB'zの稲葉が体を冷やさないように、
冷たい飲み物は飲まないようにしたり、体を鍛えたりしているシーンがあった。
常に最高のパフォーマンスをするために体のケアからストイックに取り組んでいる、
そんな内容だったのを思い出した。

体温を上げると健康になる体温を上げると健康になる

サンマーク出版 2009-03-16
売り上げランキング : 43
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


人気ブログランキングへ
↑気に入っていただいたら1日1回ぽちっとお願いします

|
|

« 雑誌メモ:『日経ビジネスアソシエ 2010新年号』 「朝活」の次は「休活」ですか | トップページ | ラグビー:2009-10TL最終節 サントリー×三洋電機は引き分けで、三洋電機が1位通過 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160640/32918521

この記事へのトラックバック一覧です: 読書メモ:『体温を上げると健康になる』 齋藤昌嗣:

« 雑誌メモ:『日経ビジネスアソシエ 2010新年号』 「朝活」の次は「休活」ですか | トップページ | ラグビー:2009-10TL最終節 サントリー×三洋電機は引き分けで、三洋電機が1位通過 »