« 雑誌メモ:『プレジデント 2010 2.15号』 なぜ、あなたは変われないか? | トップページ | 映画:『ラブ・アクチュアリー』 »

読書メモ:『日本ラグビー世界への始動』 日本ラグビー狂会

2019年のワールドカップ日本開催へ向けて、
スポーツライターやら大学の先生やらが、
それぞれの視点からラグビーについて書いている。
玄人というか、コアなラグビーファンの人には、
たぶん異論・反論いろいろあるんだろうなあ、なんて思いながら…、
ラグビーファン歴のまだ浅い僕にはわりと面白く読めたこの本。

内容は以下のとおりである。
第1章 2019年W杯ベスト8を目指して -求められる強化体系の変革 直江光信
第2章 勝利への設計図 -早慶に見る大学ラグビーの現在 渋谷淳
第3章 ジョン・カーワンの先へ -ぼくらがジャパンを応援するために 梅本洋一
第4章 日本ラグビーの精髄を求めて -元日本代表主将・横井章氏に聞く 生島淳
第5章 トップリーグ、そしてワールドカップ 橋本謙太郎
第6章 テン・イヤー・アフター -びびるな、ワールド・カップなんて怖くない 中尾亘孝
第7章 なぜフランス人はかくもラグビーが好きなのか? -ふたつの神話をめぐって 木村安寿
第8章 ゲバ -セピア色の風景ではなく 時見宗和

僕はそもそも秩父宮で大学ラグビー(確か早慶戦)を見たことがきっかけで、
ラグビーが好きになった。それも早稲田ファンに。
なので、まず大学ラグビーを観戦にちょくちょく秩父宮に行くようになった。
清宮監督時代の強い早稲田を見るのは気分がスカッとしたし、
バックスの展開の美しさに目を奪われた。

そこから今度はトップリーグの世界をのぞきはじめた。
最初はそれほど興味がわかなかった。
なぜなら知っている選手がいないから。
興味をもちはじめたのは、僕が観に行っていた大学ラグビーの選手たちが、
トップリーグの場で活躍しはじめてからである。
早稲田ファンということもあって、早稲田の選手が多く所属しているチーム、
サントリーサンゴリアスのファンになった。
そして、秩父宮にトップリーグの試合も観に行くようになる。

そうこうしているうちに、代表戦も観に行くようになった。
ラグビーイベントにもいくつか参加して、
生のジョン・カーワンに感激してみたりして。

こうなってくると、やっぱりワールドカップが観たくなる。
そして世界のラグビーも観てみたい、知りたいと思うようになってきた。

と、とりあえず現場に足を運んで観戦すると、これほど面白いスポーツないと思うはずだ。
それも絶対秩父宮で観るといいと思う。
少しずつでも観客が増えて、盛り上がるといいんだけどなあ、
そんなことを思いながらこの本を読んでいた。

第6章は来る日本開催のワールドカップに向けて、
日本代表、観客の動員、日本のラグビー人気などについて触れられている。
サッカーとの比較などもあってなかなか興味深かった。

日本ラグビー世界への始動日本ラグビー世界への始動

双葉社 2009-11-18
売り上げランキング : 157444

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


人気ブログランキングへ
↑気に入っていただいたら1日1回ぽちっとお願いします

|
|

« 雑誌メモ:『プレジデント 2010 2.15号』 なぜ、あなたは変われないか? | トップページ | 映画:『ラブ・アクチュアリー』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160640/33185825

この記事へのトラックバック一覧です: 読書メモ:『日本ラグビー世界への始動』 日本ラグビー狂会:

« 雑誌メモ:『プレジデント 2010 2.15号』 なぜ、あなたは変われないか? | トップページ | 映画:『ラブ・アクチュアリー』 »