« 読書メモ:『レバレッジ英語勉強法』 本田直之 | トップページ | 雑誌メモ:『週刊ダイヤモンド 2010 1/23』 2010年ツイッターの旅 »

読書メモ:『戦略プロフェッショナル シェア逆転の企業変革ドラマ』 三枝匡

医療機器メーカーを題材に、そのシェア逆転までの状況が描かれている。
ひとつのケーススタディーとして、経営戦略を考える材料に使える。
読み物としても十分に面白いし、ストーリーの間にはさまれる戦略ノートも、
有用なことが書いてあると思う。

著者はボストンコンサルティングに勤務していた方。
この本のケースはほぼ事実に基づいて書かれているらしいのだが、
実は主人公は著者であったらしい。

医療機器のケースではあるが、
現状分析の仕方、戦略の立て方、進捗管理の仕方など、
他のカテゴリーでも共通して使える考え方であり、参考になる。
教科書的に読むこともできるし、
自分ならどうするかという視点で読めば、思考訓練になるだろう。

内容としては何か新しい手法がでてくるような本ではない。
プロダクトライフサイクルやセグメンテーションといった、
マーケティングの基本用語くらいしか出てこない。
しかし、こうした基本的なことが大事なのであり、
これらを使いこなしてこそ意味があるのだと感じた。

戦略はシンプルなほど強力であると述べられているが、
確かにそのとおりだと思う。
事象をモレなく説明しようとするとものすごくたくさんの変数が、
複雑に絡み合っていて、大変なことになるだろう。
だけれども、本質的なことを、
データがある程度足りなかったとしても、シンプルに組み立てることが、
アクションにつながるし、結果につながっていくということだと思った。
学問ではなく、ビジネスなのだから。

著者はあとがきで次のようなことを述べている。

日本のビジネスマンの多くは、熱くなることを忘れている。
「論理性」と「熱き心」の結合、それがいま日本のビジネスマンに
もっとも求められていることではないか。

熱き心で仕事をしたい、そして充実感や達成感を味わいたいと思っているのだが…。

戦略プロフェッショナル―シェア逆転の企業変革ドラマ (日経ビジネス人文庫)戦略プロフェッショナル―シェア逆転の企業変革ドラマ (日経ビジネス人文庫)

日本経済新聞社 2002-09
売り上げランキング : 1718
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


人気ブログランキングへ
↑気に入っていただいたら1日1回ぽちっとお願いします

|
|

« 読書メモ:『レバレッジ英語勉強法』 本田直之 | トップページ | 雑誌メモ:『週刊ダイヤモンド 2010 1/23』 2010年ツイッターの旅 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160640/33017480

この記事へのトラックバック一覧です: 読書メモ:『戦略プロフェッショナル シェア逆転の企業変革ドラマ』 三枝匡:

» 【相互リンク】ネット書店の賢い使い方-オンライン書店の比較-リンク集 [ネット書店の賢い使い方-オンライン書店の比較-リンク集]
こんにちは!トラックバック失礼します!当サイトは本を安く入手する方法を徹底研究。無料や裏技も?ネット書店の攻略法をまとめた便利なネットショップリンク集です。トラックバックを送信させていただいたサイト様へのリンクをこちらのサイトに作成しております。よろしくお願いいたします。サイト訪問の上、ご確認ください。... [続きを読む]

受信: 2010年1月18日 (月) 06時02分

« 読書メモ:『レバレッジ英語勉強法』 本田直之 | トップページ | 雑誌メモ:『週刊ダイヤモンド 2010 1/23』 2010年ツイッターの旅 »