« 映画:『天使と悪魔』 | トップページ | 雑誌メモ:『クーリエ・ジャポン 2010.3』 貧困大国(アメリカ)の真実 »

ラグビー:2009-10日本選手権2回戦 厚かったトップリーグの壁

日本選手権2回戦の結果は次のとおり。

NTTコミュニケーションズ 17-50 トヨタ自動車ヴェルブリッツ
NECグリーンロケッツ 38-5 帝京大学

まあ、どちらも順当な結果だろう。

録画しておいたNEC対帝京をみたのだけど、
うーん、やはりトップリーグの壁は越えられなかったかという感じ。
帝京がもう少しやってくれるかなあと思ったんだけどな。
やはりFWの圧力はトップリーグが一段上かというところ。

ラストの帝京の攻めはなかなか見ごたえがあったけれど、
あそこをとりきらせないのがトップリーグの強さというところか。

トップリーグのチームからすると学生とやるのはやりづらいだろう。
いつもよりスルスルと抜けてしまうのが、逆にリズムが狂うのかも。
それに負けられないプレッシャーもあるし、
観客からすれば学生が勝つところを見たいというほうが多いだろうから、
会場もなんだか変な空気感になるだろうし。

まあ、それでも、学生が勝つのはやっぱり難しい。
そう考えると、佐々木組の早稲田がトヨタ自動車を破ったのはすごかったんだなあ。

さて、日本選手権は次が準決勝。
リーグ戦10位からここまできたNECは三洋電機と対戦。
そして、プレーオフを制した東芝はトヨタとの対戦となる。

うーん、順当にいけば三洋電機と東芝が勝つだろうけれど。
NECのミラクルもちょっと見てみたいかも。

人気ブログランキングへ
↑気に入っていただいたら、応援のクリックよろしくお願いします。

|
|

« 映画:『天使と悪魔』 | トップページ | 雑誌メモ:『クーリエ・ジャポン 2010.3』 貧困大国(アメリカ)の真実 »

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160640/33396723

この記事へのトラックバック一覧です: ラグビー:2009-10日本選手権2回戦 厚かったトップリーグの壁:

« 映画:『天使と悪魔』 | トップページ | 雑誌メモ:『クーリエ・ジャポン 2010.3』 貧困大国(アメリカ)の真実 »