« 雑誌メモ:『日経ビジネス 2010.3.22号』 伸びる会社は全員力 | トップページ | ラグビー:2010-11大学 早稲田の辻監督ってどんな人? »

雑誌メモ:『週刊東洋経済 2010 3/27号』 新しい「やる気」のかたち モチベーション3.0

「やる気」の特集ということで、日経新聞の広告を見た瞬間、購入決定。
なかなか「やる気」アップできない自分を鼓舞するために、早速読んでみた。

「ハイ・コンセプト」の著者であるダニエル・ピンクのインタビューが面白かった。
彼が「モチベーション3.0」を提唱しているらしい。

モチベーション1.0 生物的な動機-サバイバル

モチベーション2.0 与えられた動機-信賞必罰
モチベーション3.0 自発的な動機-ワクワク感


日本では成果主義ということが話題になった時代があったが、
それはモチベーション2.0に入るのだが、
カネや名声といった報酬を得ても、究極的にはさほど幸福感を感じない、としている。

現在大事なのはモチベーション3.0であり、そのためのしかけが必要だと言う。
確かに、ワクワク感や社会や世の中を良くしたいという思いなど、
そんな感覚がほしいというのはとてもよくわかる。
ただ、もちろん給料は安くてもいいというわけではないのだけど。
それについては、行動科学の見地から次のように述べている。

行動科学は、「動機づけにカネを活用する最も優れた方法は、
従業員に十分な給料を払うことだ」と示している。
給料が十分なら、従業員は給料ではなく仕事に集中できる。

また、モチベーション3.0が機能するためにもうひとつ大事なこととして、
「社会文化の一部として一定の自律性が根付いている必要」を挙げている。

ダニエル・ピンク氏のインタビューを皮切りに、
その後はいくつかの企業のケースが述べられているのだが、
ここに登場するのはやはりアップル、グーグルといった今をときめく企業。
正直マネできるのか?なんて思ってしまうが、
それでも「20%ルール」など参考にできそうなことは数多い。

日本企業のケースもいくつかあるが、
今週の日経ビジネスの記事でも紹介したキリンが今回も取り上げられている。
基本的には日経ビジネスと同様に「V10推進プロジェクト」を取り上げている。

東洋経済の記事から大事だなと思ったことは、
各社員に自分の役割の「価値」を認識させることが重要で、
そのために部門間の相互理解のための各種社内フォーラムが行われていること。
自由参加ながら、徐々に参加者が広がって、現在は社員の6割が参加しているらしい。
ビジョンを決めるだけでなく、こうやって巻き込んでいくことが本当に大事だ。

ということで、今回の特集は、個人の問題というよりは、
どちらかといえば組織としてどうするかということが取り上げられていたと思う。
環境要因というのはとても大事なことだと改めて思った。

↓今週号の購入はこちらからどうぞ

週刊 東洋経済 2010年 3/27号 [雑誌]週刊 東洋経済 2010年 3/27号 [雑誌]

東洋経済新報社 2010-03-23
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


人気ブログランキングへ
↑気に入っていただいたら、応援のクリックよろしくお願いします。

|
|

« 雑誌メモ:『日経ビジネス 2010.3.22号』 伸びる会社は全員力 | トップページ | ラグビー:2010-11大学 早稲田の辻監督ってどんな人? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160640/33924445

この記事へのトラックバック一覧です: 雑誌メモ:『週刊東洋経済 2010 3/27号』 新しい「やる気」のかたち モチベーション3.0:

« 雑誌メモ:『日経ビジネス 2010.3.22号』 伸びる会社は全員力 | トップページ | ラグビー:2010-11大学 早稲田の辻監督ってどんな人? »