« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

雑誌メモ:『週刊東洋経済 2010 3/27号』 新しい「やる気」のかたち モチベーション3.0

「やる気」の特集ということで、日経新聞の広告を見た瞬間、購入決定。
なかなか「やる気」アップできない自分を鼓舞するために、早速読んでみた。

「ハイ・コンセプト」の著者であるダニエル・ピンクのインタビューが面白かった。
彼が「モチベーション3.0」を提唱しているらしい。

モチベーション1.0 生物的な動機-サバイバル

モチベーション2.0 与えられた動機-信賞必罰
モチベーション3.0 自発的な動機-ワクワク感


日本では成果主義ということが話題になった時代があったが、
それはモチベーション2.0に入るのだが、
カネや名声といった報酬を得ても、究極的にはさほど幸福感を感じない、としている。

現在大事なのはモチベーション3.0であり、そのためのしかけが必要だと言う。
確かに、ワクワク感や社会や世の中を良くしたいという思いなど、
そんな感覚がほしいというのはとてもよくわかる。
ただ、もちろん給料は安くてもいいというわけではないのだけど。
それについては、行動科学の見地から次のように述べている。

行動科学は、「動機づけにカネを活用する最も優れた方法は、
従業員に十分な給料を払うことだ」と示している。
給料が十分なら、従業員は給料ではなく仕事に集中できる。

また、モチベーション3.0が機能するためにもうひとつ大事なこととして、
「社会文化の一部として一定の自律性が根付いている必要」を挙げている。

ダニエル・ピンク氏のインタビューを皮切りに、
その後はいくつかの企業のケースが述べられているのだが、
ここに登場するのはやはりアップル、グーグルといった今をときめく企業。
正直マネできるのか?なんて思ってしまうが、
それでも「20%ルール」など参考にできそうなことは数多い。

日本企業のケースもいくつかあるが、
今週の日経ビジネスの記事でも紹介したキリンが今回も取り上げられている。
基本的には日経ビジネスと同様に「V10推進プロジェクト」を取り上げている。

東洋経済の記事から大事だなと思ったことは、
各社員に自分の役割の「価値」を認識させることが重要で、
そのために部門間の相互理解のための各種社内フォーラムが行われていること。
自由参加ながら、徐々に参加者が広がって、現在は社員の6割が参加しているらしい。
ビジョンを決めるだけでなく、こうやって巻き込んでいくことが本当に大事だ。

ということで、今回の特集は、個人の問題というよりは、
どちらかといえば組織としてどうするかということが取り上げられていたと思う。
環境要因というのはとても大事なことだと改めて思った。

↓今週号の購入はこちらからどうぞ

週刊 東洋経済 2010年 3/27号 [雑誌]週刊 東洋経済 2010年 3/27号 [雑誌]

東洋経済新報社 2010-03-23
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


人気ブログランキングへ
↑気に入っていただいたら、応援のクリックよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

雑誌メモ:『日経ビジネス 2010.3.22号』 伸びる会社は全員力

最終的にはヒトが大事で、
そのためにどういう組織であるべきかということが大きな課題なのかもしれない。
これが正解ということはないけれど、
今週の特集は自分の会社の組織を考える上での参考になるとは思う。

■伸びる会社は全員力 成果主義エリートはいらない

キリン、東京海上日動システムズ、J・フロントリテイリング、テルモ、おかしのまちおか
といった各社のケースが特集されている。
その上で、中原淳・東京大学准教授と金井壽宏・神戸大学大学院教授の解説がある。

僕の中ではキリンのケースは自社にも近い感じをもった。
顧客本位を阻む障害として、キリンHD副社長の三宅氏は次のように表現しているようだ。

「内向き」「上向き」「箱文化」という3つの言葉で表現する。
内向きと上向きとは、自分の所属部署や上司の顔ばかりを見て仕事をしていること。
箱文化とは、自分の担当業務や専門分野に閉じこもっていることを指す。(p26)

とてもわかりやすい表現であり、僕の勤務する会社でいえば、
上向きはそれほどでもないが、内向き、箱文化は非常に共感できるポイントだ。

キリンでは、「全員がヒーロー・ヒロインになれる会社」を目指して、
顧客本位に立ち戻ることを社員に求めるビジョンを作成したらしい。
しかし、このビジョンも様々な方法で浸透させようとしたようだが、
ビジョンと実務がつながらないと現場社員の納得は得られなかった。
そのターニングポイントになったのが「コーチング」の導入であったようだ。

コーチングを通して顧客本位の重要性に社員が気づいたということなのだが、
実はこのあたりがよくわからなかった。
というのは、「コーチング」というのがどういうものかはこの特集内では詳細な説明はないし、
僕自身も「コーチング」というのがあまりよく分っていない。
ということで、ここはきちんと別途本を読むなりして勉強しておこうと思う。

ただ、ビジョンを作成しても現場社員の腹に落ちない状況というのは、
自分の会社を考えてみてもその状況はよくわかるところで、
ビジョンを実感をもって行動へと移すには、なんらかのしくみが必要なのは確かだろう。
社内報だとか、トップが講演するだとか、単に伝えるだけでは人の行動を変えるのは容易ではない。

また、「顧客本位」ということが大事だということも思った。
そこを起点に自分の仕事を考えて、他部署を巻き込んでいく。
他部署も「顧客本位」で考えていれば、建設的な意見が生まれるだろう。
何も意識しなければ、どうしても組織は内向きになっていくものだと思う。
そのほうがラクだから。
一人ですべての工程をこなせれば何も問題はないのだろうが、
各部署で分業している限りは、
あくまで「顧客本位」という共通の視点をもつことを原点として、
内向きな組織になることを防ぐことが、最終的に顧客の利益となり、自分たちの利益となると思う。


今週号でもうひとつ気になった記事は、
仏ロレアルCEO、ジャンポール・アゴン氏のインタビュー記事。

■失敗が磨く”決断力”

ロレアルでは意思決定力育成の3カ条として、下記があるらしい。

・全社員に「失敗する権利」を与える
・なるべく若いうちに意思決定の機会を与える
・1回目の失敗は許し、挑戦したこと自体を評価する

若いうちにどんどん意思決定をしてみるというのは大事かもしれない。
いちいち上司にお伺いを立てていたら意思決定スピードは鈍っていくし、
自分の意思決定に責任をもたなければ成長もないと思うからである。
もちろん単に責任だけ負わせたらつぶれてしまいかねないわけで、
そこで「失敗する権利」を与える風土というのはよくできていると思う。

ちなみにインタビューの中でもう一つきになった点は、
現在の日本の化粧品市場について。

日本では、百貨店のみで販売されている高級ブランド品も、
ドラッグストアで販売されている商品も、
口紅なら1本3000円前後とほぼ同じ価格で購入できます。
そこで消費者は「同じ3000円を出すなら、高級ブランドが欲しい」と考え始めるようになったのです。(p85)

つまり百貨店だけで販売されているような高級品か、価格競争力を持つ低価格品。
このどちらかが支持されていくはずです。
そしてロレアルは高級品にも低価格品にも非常に強いブランドを持っています。(p85)

高級品か低価格しか売れないとすると、
たとえばマキアージュやコフレドールのようなドラッグストアではちょっと高級なあたりが、
あまり売れなくなるということだろうか?
まあ、確かに、ドラッグストアで半端に高いものを買うくらいなら、
デパートでいいものを高く買うか、ドラッグストアで安いものを買うという選択は正しい気がする。
ただ、デパートのものがいいものなのかどうかは、男性の僕としてはよくわからないけど…。
それにしても、そういう風に考えると、
マキアージュとかコフレドールのようなちょっと高級なブランドを買う人ってどういう人なのか?
そもそもそのあたりのブランドって必要だったんだろうか??

消費者の嗜好や技術力の高さなど、様々な面から見ても、 日本は先進国の将来を映し出しているのではないでしょうか。 私は地球のあらゆる国の中で、いい意味でも悪い意味でも日本は進んでいると思っています。 だから日本という国でビジネスすることは、まるでタイムトラベルをしているようなものです。 ほかの国でも参考になるはずです。 日本への投資は必ず有益になると考えています。(p85)
日本市場から撤退する外資もあるなかで、 (ちょっと前の日経で銀座の高級ブランドが撤退していって、 低価格ブランドのお店が入ってきているというような記事を読んだような気もするが…) こんな風に捉えている会社もあるんだなあ、と。 美に対する意識として世界共通の普遍的なものがあるとして、 日本市場がその先端をいっているとしたら、それを外国へと展開していくのはチャンスだろう。 とはいえ、国内化粧品メーカーの海外比率ってそんなに高くなかったような…。 これからに期待というところだろうか。


↓定期購読ならコチラからどうぞ
日経ビジネス
/~\Fujisan.co.jpへ


人気ブログランキングへ
↑気に入っていただいたら、応援のクリックよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

花粉症に「クリスタルヴェール」は効果あり???

テレビCMで気になっていたこともあって、
ドラッグストアで見つけて買ってみたのが、
エーザイから販売されている「クリスタルヴェール」。

花粉症対策として、
これをつけるとマスクがいらないというところが魅力。
僕はメガネをかけているので、マスクをつけるとメガネが曇ってしまって…。
なので、こういう商品はとても便利。

パッケージの説明文をみると、次のように原理が説明されている。

プラスの静電界が発生し、鼻腔内への空中の微粒子の侵入を防ぎます。
(米国特許No.6844005)
なんのこっちゃ?
実はよくわかりません…。

ただ、まあ、効果はそれなりにあるのかなと思ってはいるところ。
僕は医者に処方された飲み薬と点鼻薬を使っているので、
基本的にはそれで抑えられているんだろうとは思うけれど、
毎年それでもマスクをしないと鼻水とくしゃみに悩まされてしまうわけで。
今年は「クリスタルヴェール」をマスク代わりにしているけど、
今のところは鼻水とかくしゃみはそんなでもないし、
マスクをしているときと同じくらいの効果は得られているんじゃないかという感じ。
花粉の飛散量が今年はどのくらいなのかわからないし、
どこまで薬の効果なのかもわからないので、
「クリスタルヴェールは効果あります!」と自信もっては言えないんだけどさ…。

価格は定価が1480円だったかな。
結構するけれど、約150回分って書いてあったから、まあいいかな、と。

使い方は指にちょこっと取って、
鼻孔の周りとか鼻と唇の間のところに塗るだけ。
ただ、ちょっと匂いはあんまり好きじゃない。
なんて表現していいかわかんないんだけど…。
これはもっとミントだったりそういうのに改良の余地がありそう。
でも、匂うのは塗るときだけなので、しばらくすると気にならないけれど。

あとは指で塗るのでちょっとべたつく。
これも洗えばすぐとれるからいいけどね。
とはいえ、サラサラだったらそのほうがラクでいい。

ってなわけで、今のところはマスクなしで過ごせているので、
このまま「クリスタルヴェール」でいこうという感じ。

ちなみにこれインフルエンザ予防とかには使えないんだよね、きっと…。

クリスタルヴェール 3gクリスタルヴェール 3g

エーザイ
売り上げランキング : 125
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


人気ブログランキングへ
↑気に入っていただいたら、応援のクリックよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

読書メモ:『武士道シックスティーン』 誉田哲也

いやー、夢中になって読んでしまった。
爽快な青春小説happy02

武蔵の「五輪書」が愛読書で、
全中2位という剣道エリート磯山香織。
日本舞踊から剣道に転向したばかりながら、
少しずつ才能を開花させていく甲本(西荻)早苗。

香織はとにかく勝負にこだわり、
勝つことを追い求めて剣道をする。
早苗はできなかったことができるようになる、
そんなところに剣道の面白さを求め、勝ち負けにあまり拘らない。
対照的なふたり。

よくある設定ではあるし、
当然のようにこの対照的なふたりが交わっていくところで、
物語は進んでいくのであるが、
迷ったり怒ったりいろいろしながら、
最後にお互いを認め合うようになっていく様子は、
お決まりなストーリーかもしれないけれど素直にイイと思った。

物語は章ごとに香織と早苗それぞれの視点で交互に描かれるが、
それぞれの心の動きが伝わってくる。

それにしてもふたりとも家族が素敵だなと思う。
それも父親との関係が。
香織は父親と仲が悪いようでいて、
実はきちんと見ていてくれていることに気がついて、
自分を見つめ直すヒントを得ているし、
早苗も複雑な家庭の事情がありつつも、
やはり父親との会話から自分を見つめ直すヒントを得ている。

そしてそれを影(かどうかわからないが)から支える母。
兄、姉の存在も魅力的なものとして描かれている。

さらには高校の剣道部顧問小柴先生、
剣道部の先輩(特に河合)らなどなど、
主人公を取り巻いている人たちもみなイイヤツばかりで、
人はいろんな人に支えられているんだよなあ、
なんて改めて思わされたりもする。

自分の部活をやっていた頃を思い出しつつ、
ライバルの大切さや周りの人の大切さ、
そんなことに思いを浸れる1冊かな、と。

ちなみに映画は2010年4月下旬の公開らしい。
香織役が成海璃子、早苗役が北乃きい。
まあ、なんかとってもハマってる気がするので、観てみたいかな。

それと続編も出てるようだし、そちらも読んでみようっと。

↓購入はこちらからどうぞ!!

武士道シックスティーン (文春文庫)武士道シックスティーン (文春文庫)

文藝春秋 2010-02-10
売り上げランキング : 1490
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

人気ブログランキングへ
↑気に入っていただいたら、応援のクリックよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

雑誌メモ:『日経ビジネス 2010.3.15号』 脱・デフレ列島 安売りを撃破せよ

最近、妻のほうが忙しいので(僕も忙しくないわけではないが…)、
僕がスーパーに買い物に行くことのほうが多い。
それで棚の前で、少しでも安いものを探している自分がいる。
以前はスーパーで価格を気にすることはあんまりなかったのだけど、
デフレだデフレだと言われると、なんとなく気になってしまうのだ…。

今週の日経ビジネスの特集はコレ。

■脱・デフレ列島 安売りを撃破せよ

特集記事は、東急ストア社長の言葉からはじまる。

「PBが不振の原因になっている」

PBで売上の3割を構成するという目標のもと、
食品から衣料品まで2192アイテムにまでふくれあがっていたようだ。
そして大半は需要がなく、廃棄ロスの山となる…。

ちなみに僕はあまりPB商品を買わないほうだ。
特に食品は買わない。
味が全然違うと思うし、最近はNBとの価格差もそれほどないから。
ティッシュペーパーなどは少しでも安くとPBを買う。
品質による満足度の違いはさほどないから。
これは僕の個人的感覚に過ぎないけれど、
わりとそんなNB回帰みたいな消費者は増えてたりしないのかな。

さて、ではどうやって安売りを撃破しているのか?
ここでとりあげられているのは、
「成城石井」「喜久屋」「オギノ」「全日食」「ダイヤモンドダイニング」の5社のケース。

特に気になったのは「成城石井」「オギノ」「全日食」だろうか。
それぞれ独自にデータを活用している雰囲気がみられるからだ。

「成城石井」のケースでは、

POS(販売時点情報管理)データなどを用いて、
今売れているモノ、人気が薄れつつある商品もリアルタイムで把握する。
生の声とデータをフルに活用して、新商品の開発に邁進する。(p27)
とある。

次に、「オギノ」のケース。

オギノの分析は、販売データをカード会員の購買行動で捉えて、
売り場横断的に分析する。
そうすると、POSでは見えなかった顧客行動が浮かび上がり、
陳列や商品の改善策のヒントになる。(p30)

オギノは以前からFSPの活用で有名である。

で、「全日食」。

強力な武器になったのが、全国の弱小1800店から上がってくる販売データである。
例えば、あるトップシェアの調味料は、1カ月で3万の販売データである。
しかも、各店舗がバラバラの値付けをしている。その価格差、実に3倍。
このデータから、最大の利益が得られる価格を割り出せる。
粗利と販売数量を基に、3000商品の「最適価格」を算出した。(p32)

とまあ、同じ販売データでも、活用の仕方次第で大きな武器になるということ。
とはいえ、どう活用するかの発想が大事なのだが。
しかし、デフレの今だからこそ、顧客がどういう思いで、どういう行動をしているのか、
それを知ることが大切だということなんだろう。
販売データだけであっても、見方を工夫するだけで実に様々なものが見えてくるのでは。

それにしてもこれらのデータ分析は全部自前で完結しているんだろうか?
コンサルとかリサーチ会社とかどこかと共同でやっているんだろうか?


↓定期購読ならコチラからどうぞ
日経ビジネス
/~\Fujisan.co.jpへ

人気ブログランキングへ
↑気に入っていただいたら、応援のクリックよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

雑誌メモ:『日経ビジネス 2010.3.8』 早稲田・慶応も冬の時代 ここまで来た「大学」淘汰

日経ビジネスを購読しているのだが、
これまでも一通り目を通しつつも、なかなか頭に入ってきていない感じだった。
なぜなのか?と思ったのだが、アウトプットしていないからだ!!と思い、
これからは毎週、気になる記事を見つけては何か考えたことをアウトプットしてみようと思う。
(と言っても、とりあえずは単なる感想…)

で、今週号で見つけたのが、この記事。
■早稲田・慶応も冬の時代 ここまで来た「大学」淘汰

少子化と言われる中で、なぜだか大学の数は増えていたようだが、
今となっては私立大学の4割が赤字、
学生の募集停止も相次いでいるようである。

その中で4校の特色ある大学が取り上げられている。
①国際教養大学
秋田県の郊外にある大学なのだが、
授業や大学施設がグローバル仕様なのだそうで、
授業もすべて英語らしい。

②金沢工業大学
就職支援が素晴らしいとは聞いているが、
この記事でも、やはり就職の好調さがとりあげられている。
入学時からキャリアデザインシートなるものを書かされ、
教職員にアドバイスを受けるというのは、なんとも手厚い。

③京都橘大学
もともと文系学部であったのに、看護学部を新設。
私立大学では看護学部は意外に少ないという盲点をついて、
結果的には志願者数増につながったようだ。

④立命館アジア太平洋大学
約6000人の学生のうち、約40%が外国人留学生。
よくぞまあ大分県の別府にそんなにも多くの留学生が来てくれたものだと思ってしまうが…。

とまあ、こんな風な特色をもった大学が生き残っていくということなのだろう。
中でも、「グローバル化」っていうのが、やっぱりキーワードになると思う。
今回の特集のうち2校がグローバル対応しているというか、
そんな特色を持っているわけであるが、
こういう流れは加速していくんだろう。

早慶をはじめとするいわゆるブランド大学も、
やっぱりグローバル化の流れの中で生き残りをかけていくことには変わりはなさそうだ。
早稲田大学の白井総長は、
世界の大学ランキング100位以内に入りたいとインタビューに答えているようだし。

だけど、大学の価値って、大学生活の価値って何なんだろうか?
モラトリアムで、なんかよくわかんないまま4年間が過ぎていくとか、
古いのかもしれないけど、麻雀ばっかりで飲み歩いてみたいな学生生活だったり、
なんか好きな本ばっかり読みまくってる学生生活だったり、
そういうんでもいいと思うんだけど、
最近はたぶん勉強しなきゃって思う人のほうが多いんだろうなあ。
もちろん勉強というか、研究はそれはそれで楽しいことだけど。

手厚く環境を用意することもいいことだけど、
ほったらかされて、研究するも遊ぶも勝手にすればー、っていうのもいいと思うなあ。

↓定期購読はコチラからどうぞ
日経ビジネス
/~\Fujisan.co.jpへ

人気ブログランキングへ
↑気に入っていただいたら、応援のクリックよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

ラグビー:2009-10オールスター戦 引退する元木選手がMVP獲得!!

おー、そういえばオールスター戦があったんだなあ、
と気がついたときにはもう後半でした…。
後半からJSPORTSで観戦。

去年からはじまったこのイベント。
テレビで見た感じだと、お客さんの入りはそんなに多くなかったような…。
でも、なんか和やかで楽しそうな雰囲気は伝わってきたかな。

試合というよりイベントって感じなので、
そんなにガツガツいかないし、スクラムも組んでるだけ。
ボールをまわして、スピード感のある展開を楽しませてくれる感じだ。
まあ、真剣勝負より物足りないのは確かだけど、
各チームから選りすぐりのメンバーが集まっている、というだけでいいのかも。

詳細ははっきりわからなかったんだけど、
今年は1位・3位・5位・・・奇数順位チーム、2位・4位・6位・・・偶数順位チーム、
って感じだったのかな?
解説でそんなこと言ってたような。
そのせいか、それなりに競った展開になっていて、
物足りない中でも楽しめたかなと思う。

最後の最後に、今季限りで引退する元木選手がトライ。
たまたまって感じではあったけど、
そのたまたまを引き寄せる力があるってことだよなあ。
偶然だとは思うけど、でも、最初からそのストーリーが用意されていたかのようなトライでした。
元木選手、お疲れさまでした。

人気ブログランキングへ
↑気に入っていただいたら、応援のクリックよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

雑誌メモ:『日経ビジネスアソシエ 2010. 3/16号』 やり直し「英語」勉強術

特集タイトルを見た瞬間買ってしまった。

「英語」を話せるようになりたい!!
今年こそはと勉強を始めたはずが、継続できず…。
仕切り直しのいい機会にしようと改めて、今回の特集を読んでみた。

まずは英語学習本を書かれている3人の方のエッセンス。
本田直之氏、村上憲郎氏、青野仲達氏の3人。
最初のお二人の本は、実は読んでいて、
お二人がオススメしていた参考書を買ったりもしてみた。
30代の僕にとってみれば、どちらも非常に参考になる。

まあ、しかし、村上氏のページの頭に、

「手遅れ寸前」の30代は特訓あるのみ

とあるのだが、そうだよなあ、手遅れ寸前だよなあ…。

と、改めて、よしやろうという気持ちにさせてもらえた今回の特集。
この3氏のページだけでもやる気になれた。

その他には英語日記やTOEIC対策の記事などもあるが、
無料のウェブサービスっていうのも結構あるもんなんだなあ、っていうのに気付かされた。
どこまで役に立つかはわからないところだけれど、
まあ、無料だし、試してみてもいいかな、と。

それから気になる教材は「ロゼッタストーン」。
人気教材お試し代行!なる記事で紹介されていたのだが、
これちょっと面白そうだなあと思った。
が、結構高いのである。
全部セットで買うと7万9800円とある…。
ちと厳しいかな。

また明日から地道に勉強していこうっと。


↓購入はコチラからどうぞ

日経ビジネス Associe ( アソシエ ) 2010年 3/16号 [雑誌]日経ビジネス Associe ( アソシエ ) 2010年 3/16号 [雑誌]

日経BP出版センター 2010-03-02
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

↓定期購読ならコチラから
日経ビジネスアソシエ
/~\Fujisan.co.jpへ

人気ブログランキングへ
↑気に入っていただいたら、応援のクリックよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »