« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

読書メモ:『草食系ビジネスマンのためのストレスフリー仕事術』 奥田弘美

自分が草食系かどうかはよくわからないが、
仕事の上でストレスを感じやすいタイプであるし、
そのストレス対処が下手であることも認識しており、
そんな自分にとってこの本は非常に参考になる内容であった。

とにかく「べき・ねば思考」の後は「したい行動」をするというのを セットにして考えてください。
「~するべき」はわりとよく使っている。 自分がこうしてみたい、ということも「~するべき」と表現して、 自分を変に追い詰めてしまったり、 単純に嫌だけれどやらなくてはいけない仕事の場面で使ったり。 いずれにせよ自分を追い詰めてストレスになっていることには変わりない。 そんなときには、「~したい」と考えるようにして、 どうしても「べき・ねば思考」となるような場合も、 その嫌な仕事の後に、カフェで美味しいコーヒーを飲むなどの 「したい」ことでバランスをとることが大事だということ。
自分のための時間をつくらないと、自分の心はわからない
以前はちょっと暗めの照明にして、好きな音楽を聴きながら、 ぼーっと自分を内省してみるなんてことをやっていたのだけど、 この頃、なんだか追い立てられるような生活をしていて、そんな余裕もない。 コミュニケーション・オフにする時間を作って、 1日10分、寝る前などに瞑想する時間があると良いようだ。 自分のもやもやを整理して受け止める時間を作るだけで、 だいぶストレスの感じ方は変わるらしい。
健康を最優先する
仕事優先に考えて、食事や睡眠をおろそかにすることは多い。 そうやってがんばっている自分であることで精神的なバランスをとってみたり。 でも、それによって健康を損なってしまうリスクは高まるし、 実際に風邪をひきやすくなったりもしてしまう。 それは結果的に、仕事にマイナスの影響をもたらすわけで…。 やはり健康を最優先に考え、体が健康であることが心の健康にもつながるのだろう。

この本で、もうひとつ気になったことは、
成功者や幸せに生きている人の特性として、

「自分の人生はきっと良くなっていくはず」と無邪気に信じているということ

このただ信じるというのは、なんとなくなるほどと思った。
どちらかというと思考はネガティブにいきやすいほうだが、
でも、だけど、人生は良くなるんだ、とただ信じることができると、
確かにいい人生が歩めそうな気がしてくる。

僕のようなプレッシャーに弱く、
仕事に疲れを感じているビジネスパーソンには、
とても参考になる一冊ではないかと思う。

草食系ビジネスマンのためのストレスフリー仕事術草食系ビジネスマンのためのストレスフリー仕事術

草思社 2009-05-24
売り上げランキング : 294258
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

人気ブログランキングへ
↑気に入っていただいたら、応援のクリックよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ラグビー:2010アジア5カ国対抗 日本代表が香港代表に快勝!!W杯出場を決める!!

行ってきました、3週連続の秩父宮。
今日は早めに着いたのに思いがけず人がいっぱい?と思ったら、
女子日本代表の試合をやっていたのでした。
女子ラグビーを見たのは初めてだったけど、
まあ、やっぱりちょっと迫力には欠けるかなあ、という感じ。
ちなみに、女子日本代表は17-0で女子香港代表に勝利。

さて、では男子に…。
今日はこの3週間ではたぶん一番観客が入っていた試合。
W杯のかかった大一番。
結果は94-5で香港代表に大勝。
大一番だったんだけど、なんだか圧倒的な勝利で終わってしまって拍子抜け…。

先週に引き続いて、とてもいい出だし。
先制トライはアリシ・トゥプアイレイだったけど、いやあ今日もいい動きしてたなあ。
最初から最後まで走りまくってた印象。
この3週間、彼はほんとに大活躍で、頼もしい限りだったhappy02
その後もトライを積み重ねて終わってみれば、14トライで大勝。
W杯出場が決まって良かったなあ、とhappy01

もったいなかったのはとられた1トライ。
アレジのミスキックから不運な形でトライにつなげられたわけだけど、
まあ、ちょっと不用意なキックだったのかな、と。
あんな感じで簡単にトライを献上してしまうあたりが弱さなのかも。
W杯ではそんなもったいないプレーがないようにしてほしいなあ。

それと残念だったのは、最後の立川のレッドカードか。
何をしたのかはあまりよく見えなくて気がついたらレッドカードでトライも取り消し。
JSPORTSで確認しようと思ったんだけど、ちょっと帰りが遅くなったので見れなかった…。
ツイッター上の情報などからは、パンチングのようで…。
そもそも香港代表の選手がSH田中に対するパンチング(これはばっちり見てた)でシンビン、
なんかあの辺から妙な空気にはなっていたんだけど。
なんとも後味の悪い終わり方だったかな、と…。

それにしてもあんまりレフリーのことを言っちゃいかんのかもしれないけど、
やっぱり今日のレフリーのレフリングはどうなんだ???という感じ。
アラビアンガルフの時と同じレフリーだと思うけど、きちんとゲームをコントロールできてないのでは…。
だからラフプレーなんかも起っちゃうんじゃないかとも思ってしまう…。
スクラムの掛け声?もなんかタイミングがおかしい感じで、組みにくそうに見えたし。
レフリーも含めて、アジア全体のレベルアップは必要なんだろうなあ、と思った。

とにもかくにもW杯出場を決めたということで、まあよしとしよう。
PNCもがんばってくれー。
JSPORTSで応援します。
ニュージーランドでの2011年W杯は現地に観に行きたいなあhappy02

人気ブログランキングへ
↑気に入っていただいたら、応援のクリックよろしくお願いします。

日本ラグビー世界への始動日本ラグビー世界への始動

双葉社 2009-11-18
売り上げランキング : 247522

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

読書メモ:『使命と魂のリミット』 東野圭吾

久しぶりに小説を読んだ。
東野圭吾の作品を読むのは久しぶりだったが、やはり面白かった。

それぞれの登場人物にあるストーリーが、
どこでどう接点を持つのだろうと思っていると、
それぞれのストーリーの点がきちんと線となっていった、そんな感じだろうか。
そんな偶然があるのだろうか?と突き詰めればそう思ってしまうところもあるが、
小説として読むには違和感のない程度のロジカルなストーリーだと思った。
(だけど、もしかしたら現実のほうがドラマティックな偶然があるのかもしれない。。。)

少しずつ犯人の動機などが明かされていくのだが、
そのヒントの散りばめ方が絶妙だったと思う。
あー、そういうことかと推察して読み進めていくと、
実は違っていて、なるほどと思わされたりして。
そんな感じなので、飽きることなく、物語に引き込まれていった。

それにしてもこの本に出てくる登場人物は誇り高き人が多い。

「人間は生まれながらにして使命を与えられている」

この言葉がこの小説のある側面の根幹を支えていると思うが、とても胸に響く。
自分の使命は何なのだろう?と思わず考えてしまった…。
20代の頃からそんなことばかり考えてはいたけれど、
いまだに流されるままフラフラフワフワとしているので…。

使命と魂のリミット (角川文庫)使命と魂のリミット (角川文庫)

角川書店(角川グループパブリッシング) 2010-02-25
売り上げランキング : 636
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

人気ブログランキングへ
↑気に入っていただいたら、応援のクリックよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

ラグビー:2010アジア5カ国対抗 日本代表がカザフスタン代表に快勝!!W杯に王手!!

今週も行ってきました秩父宮。
先週よりはちょっとだけ観客が増えたかな~、という印象。
(感覚的にはほんとにちょっとだけど…)

試合は日本代表が101-7でカザフスタン代表に勝利happy02
W杯へ王手!!ってことで、来週の香港戦できっちり決めてほしいところ。

試合内容は先週よりは良かったのではないかな~、と。
試合開始からすぐに、テンポ良くトライを取れたのはとても良かった。
特に、ラインアウトをきっちりとってモールで押し込んでのトライは、
先週まったく噛み合わなかったラインアウトが修正されているなという感じがした。
その後もラインアウトに関しては、今日はきっちり取れていたかなと。

バックス陣も、長友、ニコラス、平のサントリートリオが魅せてくれてたかな、と。
(サントリーファンなんで多少ひいき目に見てるけど…)
特にライアン・ニコラスはほんとにいい動きをしていた。
それから後半途中から入ってきたアリシ・トゥプアイレイ、
カザフスタンの足が完全に止まってたとはいえ、ガンガン縦に走って、トライとって、
先週に引き続き良い動きをしてたな、と。
あとはバックスではないけれど、
HO堀江が素晴らしいランニングをしてたと思う。

と、いいところを挙げてみたのだけど、でもやっぱりミスは多かった。
先週ほどのストレスは感じなかったものの、ポロポロこぼしすぎ…。
ノックオンがとても多かった印象。
唯一の失点にしても、そもそもは豊田がキック処理をミスったところが起点。
そのあたりのもったいないミスは減らしていかないと…。

今日の相手のカザフスタンは正直ディフェンスはボロボロ(だから100点ゲームなんだけど…)。
後半は完全に足が止まっていたし、トライを取られる度に、その場にへたり込む選手も。
そんな相手だからどんどん前に出れたし、
パスもちょっとブレたり、トリッキーなことをしても簡単に通ってしまうわけで。
もっとレベルが上の相手だったら、きっちりディフェンスされていたのではないかと思うプレーもしばしば。
ということで、今日はトライシーンを気持ちよく楽しませてもらいつつ、
ちょっとこの先が心配だったりもした、という感じだった。。。

W杯出場を決めるのは、まあ問題ないだろうとは思うものの、
気を引き締めて、来週の香港戦、きっちり勝ってほしいhappy01

人気ブログランキングへ
↑気に入っていただいたら、応援のクリックよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

読書メモ:『人生と仕事の段取り術』 小室淑恵

先月はひどい残業の日々で、
平日は午前様、休日もほぼないような日々…。
なんとか乗り切ってGWに突入したと思ったら、ひどい風邪をひいて寝込み…。
こうなってくるとほんとに何をやってるんだろうという気にもなってくる。

という中で手に取ったのが、この本。
第1章の「残業は仕方がない」という意識を変える、では耳の痛い話題がたくさん。
忙しくなってくると土日も含めてスケジューリングする悪い癖があるのだが、

土・日に仕事をしても、生産性は上がらない
とばっさり…。

ビジネスのヒントは会社の中にはない

生活者の視点が求められている

頑張りすぎで波のある社員は評価されない


などタイトルだけでなるほどと思ってしまった。

会社でずーっとパソコンとにらめっこしてたって、
いい企画書、報告書は書けないよなあ、とほんとに思う。
マーケティング・リサーチの会社に勤めて、クライアントにあれやこれや言ってるくせに、
家と会社の往復だけで、街で何が流行ってるかも知らないってのも…、考えものだよな…。

第3章の残業スパイラルから抜け出すための仕組みづくりでは、

自分のためのマニュアルをつくる
「一人一仕事」をやめる
→自分にしかできない仕事にするのではなく、
一つの仕事は、複数の人で担当するシステムにすること

あたりがとても気になったし、実行していきたいと思ったもの。

あとはやっぱり朝メール・夜メールをやってみようと思った。
要は仕事の見える化で、自分自身の無駄を見える化できるし、
上司・部下とのコミュニケーションにも役立つ。
ちなみに「働き方チェンジナビ」を使ってみたかったんだけど、
ドコモのi-modeでは使えないようで…(いつかは使えるようになるんだろうか…?)。

人生と仕事の段取り術 (PHPビジネス新書)人生と仕事の段取り術 (PHPビジネス新書)

PHP研究所 2010-01-19
売り上げランキング : 44471
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

人気ブログランキングへ
↑気に入っていただいたら、応援のクリックよろしくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

ラグビー:2010アジア5カ国対抗 日本代表がアラビアンガルフ代表に勝利!!

久しぶりに秩父宮での観戦。
とてもいい天気だったし、絶好のラグビー日和sun
なんだけど、観客席は日本代表戦なのにさみしい限り…。
相手が相手だし、仕方ないのかなあ。

で、結果は60-5で日本代表の圧勝。
ではあるけれど、内容は決して良くなかったのでは?
特に前半は日本代表のボールが手につかない?つまらないミスが多すぎた気がする。
相手がかなり格下だったためか、日本代表メンバーも主力というわけではなかったと思うけど、
にしても、それ以前の問題だなあというミスが目立ったと思う。
反則も多かったなあ…(レフリーにも問題あったとは思うけど…)。
あとはラインアウトが取れてなかった感じ。
普通にやっていればもっとトライは取れたんじゃないかと思うのだが…。

そんな中で、CTBアリシ・トゥプアイレイ、WTB遠藤、FB松下、
このあたりはいい動きをして目立ってた感じがする。
特にアリシ・トゥプアイレイは非常に良かったhappy02
縦に強いし、ボール持つと必ずゲインしてくれるっていう期待がもてる。

個人的にはSO山中(早大)が代表初キャップというのが印象的だった。
攻撃面ではいいところを見せていたけど、やっぱりまだまだ荒い。
特にディフェンス面はもっともっと鍛えてほしいところ。
今日唯一の失点も山中のミスからと言えなくもないし…。
まあ、でも、これからの選手だし、もっともっと伸びていってほしいなあ。

ということで、ワールドカップ出場まであと少し。
来週のカザフスタン戦も秩父宮で観戦予定!!

ちなみに…
日本代表戦なのに、観客の入りはほんとにいまいちだったんだけど、何でだろう?
サッカーみたいにドーハの悲劇があってそれを乗り越えてW杯出場みたいなドラマが足りないのかな…。
ラグビーの場合、W杯への出場はわりと問題なく大丈夫で、だけど、W杯では全く勝てない。
そうすると、W杯出場までのドキドキがないし、W杯では応援する気になれない…、そんな感じ??
アジア全体で盛り上がれるといいんだろうなあ、と思うんだが、
とりあえずは日本代表のレベルがもっともっと上がっていくことが大事なのかも。

と言いつつ、このくらいの期待感やファン層で留まっていてほしい自分もいたりする。
というのも、今くらいだとチケットが安いし取りやすいから。
人気が出ちゃうとなかなかチケットが取りにくくなりそうだからなあ…。
今回の代表戦は早トクとかいう3試合通し券を購入。
4200円で3試合分のチケット+3試合すべてにTシャツのプレゼント付き。
自由席とはいえ、バックスタンド側は全部自由席だから、
ちょっと早めに行けばいい席で観られる。
と考えると、ほんとにお得。
こんなの人気スポーツだったらなかなかできない気がするからなあ。

黒字がやっと出るくらいで、スポンサーもまあ獲得できて、っていう、
運営に支障がない程度の低空飛行をしてくれるといいんだけどな、なんて思ったりもして。
良くないですかね??こんな考え方しちゃ…。。。


↓オススメラグビー本

日本ラグビー世界への始動日本ラグビー世界への始動

双葉社 2009-11-18
売り上げランキング : 63874

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

オススメ本のだぶろぐ記事
本:『日本ラグビー世界への始動』 日本ラグビー狂会

人気ブログランキングへ
↑気に入っていただいたら、応援のクリックよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

読書メモ:『図解「超」英語法』 野口悠紀雄

ゴールデンウィークは実家でのんびり過ごしたのだが、
帰りの電車の中で知り合ったおばさん(おばあちゃん?)との話が面白かった。
世界中を旅したことのある方で、いろいろな話を聞けた。
その中で、やっぱり英語が話せないとね、という話題になった。

その方の場合は、亡くなられたご主人が英語に堪能だったようで、
ご自身では話せないらしく、それを残念がっていた。
僕が英語を勉強中なのだと言うと、それはぜひやったほうがいい、と後押ししてくれた。

4月は仕事が忙しかったのを言い訳に(ほんとに忙しかったけど…)、
ほとんど英語の勉強をしなかったので、ここから仕切り直そうとこの本を買ってみた。
勉強本を買ってるくらいなら、勉強しろって感じだけど…、
まあ、この手の本でモチベーションを上げるのも大事かな、と自分を納得させつつ…。

この本の中で試してみようと思ったというか、
なるほどなと思ったのは、まず「聞ける」ことが大事だということ。
「話す」ことよりも「聞く」ほうが場面としては多い、
ということで、聞ければ会話になるということだった。
聞くことの勉強に使えるオススメのネットサイトなんかが取り上げられてて、
通勤の時間にやってみようと思った。

次に、やってみようと思ったのは「丸暗記法」。
結局のところ時間はかかってもこれが一番効果的なのかもなあ、と思った。
ただ、自分が英語の勉強をする目的を明確にして、
自分に必要なものを暗記するということが大事なんだろう。
正直、ネイティブスピーカーみたいに話すなんて、今からでは厳しい。
だとすると、自分が英語を使う場面のことを効率的に学んでいったほうがいい。
一点突破全面展開、って感じで。

よし、今月から仕切り直しでもう一回がんばろう!!

図解「超」英語法図解「超」英語法
野口 悠紀雄

講談社 2010-03-30
売り上げランキング : 54061
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

人気ブログランキングへ
↑気に入っていただいたら、応援のクリックよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »