« ラグビー:2010アジア5カ国対抗 日本代表が香港代表に快勝!!W杯出場を決める!! | トップページ | 読書メモ:『知的ストレッチ入門』 日垣隆 »

読書メモ:『草食系ビジネスマンのためのストレスフリー仕事術』 奥田弘美

自分が草食系かどうかはよくわからないが、
仕事の上でストレスを感じやすいタイプであるし、
そのストレス対処が下手であることも認識しており、
そんな自分にとってこの本は非常に参考になる内容であった。

とにかく「べき・ねば思考」の後は「したい行動」をするというのを セットにして考えてください。
「~するべき」はわりとよく使っている。 自分がこうしてみたい、ということも「~するべき」と表現して、 自分を変に追い詰めてしまったり、 単純に嫌だけれどやらなくてはいけない仕事の場面で使ったり。 いずれにせよ自分を追い詰めてストレスになっていることには変わりない。 そんなときには、「~したい」と考えるようにして、 どうしても「べき・ねば思考」となるような場合も、 その嫌な仕事の後に、カフェで美味しいコーヒーを飲むなどの 「したい」ことでバランスをとることが大事だということ。
自分のための時間をつくらないと、自分の心はわからない
以前はちょっと暗めの照明にして、好きな音楽を聴きながら、 ぼーっと自分を内省してみるなんてことをやっていたのだけど、 この頃、なんだか追い立てられるような生活をしていて、そんな余裕もない。 コミュニケーション・オフにする時間を作って、 1日10分、寝る前などに瞑想する時間があると良いようだ。 自分のもやもやを整理して受け止める時間を作るだけで、 だいぶストレスの感じ方は変わるらしい。
健康を最優先する
仕事優先に考えて、食事や睡眠をおろそかにすることは多い。 そうやってがんばっている自分であることで精神的なバランスをとってみたり。 でも、それによって健康を損なってしまうリスクは高まるし、 実際に風邪をひきやすくなったりもしてしまう。 それは結果的に、仕事にマイナスの影響をもたらすわけで…。 やはり健康を最優先に考え、体が健康であることが心の健康にもつながるのだろう。

この本で、もうひとつ気になったことは、
成功者や幸せに生きている人の特性として、

「自分の人生はきっと良くなっていくはず」と無邪気に信じているということ

このただ信じるというのは、なんとなくなるほどと思った。
どちらかというと思考はネガティブにいきやすいほうだが、
でも、だけど、人生は良くなるんだ、とただ信じることができると、
確かにいい人生が歩めそうな気がしてくる。

僕のようなプレッシャーに弱く、
仕事に疲れを感じているビジネスパーソンには、
とても参考になる一冊ではないかと思う。

草食系ビジネスマンのためのストレスフリー仕事術草食系ビジネスマンのためのストレスフリー仕事術

草思社 2009-05-24
売り上げランキング : 294258
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

人気ブログランキングへ
↑気に入っていただいたら、応援のクリックよろしくお願いします。

|
|

« ラグビー:2010アジア5カ国対抗 日本代表が香港代表に快勝!!W杯出場を決める!! | トップページ | 読書メモ:『知的ストレッチ入門』 日垣隆 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160640/34961495

この記事へのトラックバック一覧です: 読書メモ:『草食系ビジネスマンのためのストレスフリー仕事術』 奥田弘美:

« ラグビー:2010アジア5カ国対抗 日本代表が香港代表に快勝!!W杯出場を決める!! | トップページ | 読書メモ:『知的ストレッチ入門』 日垣隆 »