« 読書メモ:『超凡思考』 岩瀬大輔/伊藤真 | トップページ | パパの視点:結婚7年目にしてようやく… »

読書メモ:『残念な人の思考法』 山崎将志

だいぶ話題になっていたこともあって、
ちょっと今さら感もありながら手に取ってみた。

タイトルや帯にあった「仕事と塗り絵は同じである」という言葉など、
少し変わった表現をしている感じがしたのだが、
書いてあることはしごくまっとうな、基本的なことだった。

自分は残念な人かどうかといえば、
ダンドリの悪さなどから言えば残念な人の部類には完全に入る。
≒もったいない人、という点では、んー、そっちには入らないかも。
という意味では、残念の中でも、より残念なほうか…。
(自分で言ってて悲しくなってきたな…)

塗り絵の話はいったいどういうことだろう?と思っていたら、
何の絵を描くのか明確にし、パーツをよく知り、
枠を塗って、中身をサーっと塗る…
つまり、全体像を明らかにして、枠組みを決めて、
あとは実行するだけというダンドリの良さのことを言っているものだった。

自分の中でひっかかったものは、
仕事をする上では、礼儀をわきまえつつも、
多少強引さだったり、図々しいことは善だということ。
この辺は自分が弱いところで、ビジネスパーソンとしてどうかと思っているところ。

あとは、機能としての優秀さは長続きしないということ。
若くて優秀な連中はたくさんでてくるわけで、
いつまでもプレイヤーとして戦えはしない。
それでもプレイヤーとして負けたくないという気持ちを、
さすがにまだ持ってはいるが、
これから先は自分の強みをどこにおいて、
どうやって仕事をしていくか、
自分のポジショニングを考えることも大事なのかなと思った。

残念な人の思考法(日経プレミアシリーズ)残念な人の思考法(日経プレミアシリーズ)
山崎将志

日本経済新聞出版社 2010-04-09
売り上げランキング : 135
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

人気ブログランキングへ
↑気に入っていただいたら、応援のクリックよろしくお願いします。

|
|

« 読書メモ:『超凡思考』 岩瀬大輔/伊藤真 | トップページ | パパの視点:結婚7年目にしてようやく… »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160640/35366608

この記事へのトラックバック一覧です: 読書メモ:『残念な人の思考法』 山崎将志:

» 書評「残念な人の思考法」(山崎将志/日系プレミアシリーズ) 〜それなりに示唆には富むが・・。〜 [3A.M.O.P -午前三時のオプ- 2004-2010]
不安と空き時間に淫して、本はわりと買っている。 表題の本も随分と評判らしい。 (参考) 「山崎将志著「残念な人の思考法」20万部突破! Webサイト「残念な人.com」をリリース!」(http://www.asahi.com/business/pressrelease/ATP201008110013.html) *ちなみに上記の「残念な人.com」(http://www.zannennahito.com/)で判定してみた。  →あなたの残念な人度は50%  残念な人だと思... [続きを読む]

受信: 2010年10月27日 (水) 03時52分

« 読書メモ:『超凡思考』 岩瀬大輔/伊藤真 | トップページ | パパの視点:結婚7年目にしてようやく… »