« 雑誌メモ:『THE21 2010.07号』 仕事ができる人は朝一番で「何」をやっているのか? | トップページ | 読書メモ:『残念な人の思考法』 山崎将志 »

読書メモ:『超凡思考』 岩瀬大輔/伊藤真

ライフネット生命保険㈱副社長の岩瀬大輔氏と、
法律資格の「伊藤塾」塾長で弁護士の伊藤真氏が、
それぞれ交互に章を担当し、
目標設定、時間術、情報整理、伝える力について解説。

さらりと読めるけれど、結構深い、そんな内容。
突拍子もないことを言っていることは全くなく、まさに正論という感じ。

自分が学んだこと、これから意識したいことは、
小さな勝利を積み重ねていくこと、
そしてどんなことでもいいからNo.1を目指すことで、
そこから道は開けるのだということ、
やり続けることが最も強いのだということ。

それからやっぱり基礎が大切だと再認識。
正しい基礎(土台)があると、応用をきかせやすい。
リサーチャーの基礎っていうのは何なのだろうか?
ほとんど勘でやってきてしまったことがいまさらながら悔やまれる…。
いや、いまからでも基礎を積み上げていこう。

そして、最後に、この域に達せられたらなと思った。

個人の利益を超えたところにある人間関係、信頼関係を元に、
「他の人の幸せに関わること」で、自分の生きる意味が見いだせます。
そして自分が死んだ後も、次の世代に「自分が生きた証し」が受け継がれていく。
そう考えれば、人は、限られた時間を大切にしながら、
日々を前向きに、夢に向かって進んでいけると思います。

超凡思考超凡思考
岩瀬 大輔 伊藤 真

幻冬舎 2009-02-10
売り上げランキング : 96410
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

人気ブログランキングへ
↑気に入っていただいたら、応援のクリックよろしくお願いします。

|
|

« 雑誌メモ:『THE21 2010.07号』 仕事ができる人は朝一番で「何」をやっているのか? | トップページ | 読書メモ:『残念な人の思考法』 山崎将志 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160640/35348426

この記事へのトラックバック一覧です: 読書メモ:『超凡思考』 岩瀬大輔/伊藤真:

« 雑誌メモ:『THE21 2010.07号』 仕事ができる人は朝一番で「何」をやっているのか? | トップページ | 読書メモ:『残念な人の思考法』 山崎将志 »