« 月に1度の「氷川神社」参拝 リフレッシュのためのルーティンとして… | トップページ | 読書メモ:『超凡思考』 岩瀬大輔/伊藤真 »

雑誌メモ:『THE21 2010.07号』 仕事ができる人は朝一番で「何」をやっているのか?

性懲りもなく、朝活関連の特集に手を出してしまった。
このブログでも2度ほど記事を書いている。

「婚活」ならぬ「朝活」をはじめよう 2009.4.8
朝活って難しい… 2009.5.5

このときは全く続けられなかったのだが、
実はその後3ヶ月くらい良いリズムを作れたときがあった。
朝は6時起床、早めに家を出て、会社近くの喫茶店で勉強してから出社。
なかなか理想的な展開だったのだけど、
忙しくなってきて、残業残業になりはじめた瞬間、以前の夜型へと戻っていった。
それ以来、結局夜型で、だから今こんな時間にブログの更新をしている…。

それでも、あきらめきれないのが朝活。
なんか朝活動しているほうが偉いというか、ちゃんとしてる気がするというか…。
脳科学的にも朝のほうが頭は働くらしいし、
朝のほうが夜よりも何倍も効率がいいと言われると、
やっぱり朝を大切に使いたいと思うのだ、が…。

今回の特集では、
朝時間を使って何をするのか、
有効活用の方法を著名人が紹介する記事になっている。
また、早起きに関するQ&Aということで、
どうしたら早起きできるかということが紹介されている。
この中では4日間続けられれば早起きは習慣化すると言っているが…果たして…。

まあしかし、やってみなければわからないわけで、
やはりもう一度試してみて、
朝時間が有効だということが身にしみれば続ければいいし、
やっぱりダメなら夜型で通すしかないさー。
というくらいの感じで、あまり力まずにやってみようかと。

残業残業の日々に疲れたということもあり、
朝時間の活用によって、疲れた日々に終止符が打てれば万々歳。
やってみますかね~。

THE 21 (ざ・にじゅういち) 2010年 07月号 [雑誌]
THE 21 (ざ・にじゅういち) 2010年 07月号 [雑誌]
PHP研究所 2010-06-10
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

人気ブログランキングへ
↑気に入っていただいたら、応援のクリックよろしくお願いします。

|
|

« 月に1度の「氷川神社」参拝 リフレッシュのためのルーティンとして… | トップページ | 読書メモ:『超凡思考』 岩瀬大輔/伊藤真 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160640/35308037

この記事へのトラックバック一覧です: 雑誌メモ:『THE21 2010.07号』 仕事ができる人は朝一番で「何」をやっているのか?:

« 月に1度の「氷川神社」参拝 リフレッシュのためのルーティンとして… | トップページ | 読書メモ:『超凡思考』 岩瀬大輔/伊藤真 »