« 雑誌メモ:『ラグビーマガジン 2010.10』 なにか起きるぞ!トップリーグ | トップページ | 2010年8月に読んだ本・観た映画まとめ »

雑誌メモ:『クーリエ・ジャポン 2010.10』 知性を鍛える「白熱講義」

COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2010年 10月号 [雑誌]COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2010年 10月号 [雑誌]

講談社 2010-08-25
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


今号の特集は、”知の世界標準”が1日でわかるとして、
現在流行りの理論が紹介されている。

1時限目:現代人を動かす「モチベーション3.0」 ダニエル・ピンク
2時限目:問題解決への糸口「ブライトスポット理論」 チップ・ハース/ダン・ハース
3時限目:『フリー』の著者が唱える「新産業革命」とは クリス・アンダーソン
4時限目:SNS時代を勝ち抜く鍵は「脳内ホルモン」 ポール・J・ザック
5時限目:『銃・病原菌・鉄』の著者が語る世界の構造 ジェレド・ダイアモンド
6時限目:ゲーム理論を使えば未来は90%予測できる ブルース・ブエノ・デ・メスキータ
放課後:クルーグマン教授が語る「ノーベル賞までの道」 ポール・クルーグマン

ということで、知的な刺激をたっぷりと受けることができる今月号。

もちろん、「世界が見たNIPPON」など、
いつもどおり海外メディアの情報も面白い。
日本人が愛するラーメンを無視した「ミシュランガイド」の権威主義、
あたりの記事が面白かったかな。
だけど、ラーメン店を選ぶのは難しいかも。
店舗数も多いし、好みも結構分かれそうだし。

ちなみに、今号では付録として、
現代を知るための「世界の名著」BEST100というのがついている。
これもなかなか参考になる。


人気ブログランキングへ
↑気に入っていただいたら、応援のクリックよろしくお願いします。

|
|

« 雑誌メモ:『ラグビーマガジン 2010.10』 なにか起きるぞ!トップリーグ | トップページ | 2010年8月に読んだ本・観た映画まとめ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160640/36468769

この記事へのトラックバック一覧です: 雑誌メモ:『クーリエ・ジャポン 2010.10』 知性を鍛える「白熱講義」:

« 雑誌メモ:『ラグビーマガジン 2010.10』 なにか起きるぞ!トップリーグ | トップページ | 2010年8月に読んだ本・観た映画まとめ »