« 映画メモ:『トランスポーター3』 | トップページ | 2010年7月に読んだ本・観た映画まとめ »

読書メモ:『課題解決!マーケティングリサーチ入門』 田中洋編著 リサーチ・ナレッジ研究会著

課題解決! マーケティング・リサーチ入門課題解決! マーケティング・リサーチ入門
リサーチ・ナレッジ研究会 田中洋

ダイヤモンド社 2010-08-06
売り上げランキング : 2317

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


新しいタイプのマーケティングリサーチ入門本で、非常に参考になった。
この本のはじめにの中で述べられているが、
従来のリサーチ本は調査票の作り方や手法の解説が主であった。
それに対し、この本ではマーケティング課題を解決するにあたって、
どのようなステップでどのような調査を行えばいいか、
調査課題への落とし込みと分析の仕方のところを解説してくれている。

自分はリサーチャーで、リサーチの専門家でなければならないのだけど…、
こういう課題のときにどうしたらいいんだろう?というのが、
しっかりとわかっていないテーマもあったので、そこを学べたので良かった。
ただし、当然ここにあることは唯一の正解というわけでは全然なく、
基本的な考え方のひとつにすぎない。
この本にある基本をおさえた上で、より多様なテーマに応えられるように、
勉強し、経験を積まなければいけない。

また、この本では各分析の考え方は述べられているものの、
具体的にどのような設計で、どのような調査票でいうところまでは、
詳細には書かれてはいない。
ここは各リサーチ会社のノウハウがある部分だろうし、
クライアントの考え方によっても変わってくると思うので、
そこはまた別途勉強しなさいということなんだろう。
それこそ、そういう部分は従来のリサーチ本が詳しいわけで、
巻末のほうに参考本が掲載されているので、これを読んで勉強しようと思う。。

ところで、クライアント側がリサーチ会社に依頼する際の注意点として、
下記2点が最初に挙げられていた。

・誰が何をするための事実を知りたいのか。
・何がわかると自分(たち)はうれしいのか。

調査の背景に何が起こっているのか、何を知りたいのかという目的、
そのあたりを共有してもらえないケースもわりと多く、
上記はリサーチャーとして確かに共有してほしい情報である。
一方で、それを引き出すだけのリサーチャーとしてのコミュニケーション力も必要なんだろうとも思う。

それにしてもこの本をクライアントが読むことを考えれば、
リサーチャーとしての自分はこの本にあるようなことは、
基本としてしっかりと理解しておかなければいけないし、
さらにはここにあるようなこと以上のことをしなければ
プロとして認められないのだろうな、とも思う。
そのことを肝に銘じて、自分のスキルアップをしていきたいし、
組織としてもスキルアップして、リサーチ業界を盛り上げられたらいいなあ、なんて…。


ちなみに、以下目次である。

Ⅰ 既存商品のマネジメント
 1 ブランドの健康診断
 2 ブランドのリポジショニング
 3 ブランドストレッチの検討
 4 既存ブランドの価格再検討

Ⅱ 新商品の開発
 5 ブランド設計のためのマーケティング・リサーチ
 6 生活者の「問題」からのアイデア発見
 7 新商品アイデアの探索
 8 コンセプトの作成と評価
 9 商品の評価と改善点の抽出
10 最適価格の設定
11 パッケージデザインの評価
12 販売量の予測
13 上市後の追跡調査の実施

Ⅲ 効果的な広告展開

14 広告戦略の検討
15 広告の事前評価
16 広告出稿計画の策定

Ⅳ 魅力的な市場の発見

17 新市場把握のための調査
18 既存市場の周辺領域の開発
19 消費動機の探索
20 消費者行動の理解促進
21 海外でのマーケティングリサーチ

人気ブログランキングへ
↑気に入っていただいたら、応援のクリックよろしくお願いします。

|
|

« 映画メモ:『トランスポーター3』 | トップページ | 2010年7月に読んだ本・観た映画まとめ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160640/36082371

この記事へのトラックバック一覧です: 読書メモ:『課題解決!マーケティングリサーチ入門』 田中洋編著 リサーチ・ナレッジ研究会著:

« 映画メモ:『トランスポーター3』 | トップページ | 2010年7月に読んだ本・観た映画まとめ »