« 雑誌メモ:『日経ビジネスアソシエ 2010年11/16号』 決定版手帳術2011 | トップページ | ラグビー:2010-11TL第7節 サントリー×ヤマハ »

読書メモ:『そうか、君は課長になったのか。』 佐々木常夫

そうか、君は課長になったのか。そうか、君は課長になったのか。
佐々木 常夫

WAVE出版 2010-02-20
売り上げランキング : 1104
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


自分はまだ役職についているわけではないが、
そろそろ「管理職になる」道を考え始めた。
まあ、なりたいです、と言ってなれるもんでもないのだが…。

一方で、管理職、特に課長級の働き方をみていると、
うーん、そんな働き方ができる自信がないな、とも思ってしまう。

課長の役割とは何なのだろうか?そう思って読んだ一冊。

私は会社の中でさまざまな役職に就いてきましたが、 課長ほどやりがいがあって、面白い仕事はないと考えています。
とりわけ、部下の成長を確認したり、 チームとしての結果が出たときの満足感はなにものにも代えがたいものがあります。
課長という立場は、 管理職の最下位(?)にいるポジションなだけに現場よりであり、 部長以上の役職に比べれば部下と接する時間は圧倒的に多い。 その中で、チームとして成果を出せたら、確かに喜びは大きいかもしれない。

では、チームを動かしていくドライバーは何か。
著者が挙げているのは、「志」と「パッション」。
正直、ここが自分に足りないところだ。
プレイヤーである今も、自分のやりたいこと、志が見えなくなっている…。
そんな上司についていきたいとは、確かに思わないよな。
まずは自分を掘り下げて、もう一度自分を見直すことから始める必要がありそうだ。

ちなみに、僕の会社の課長をみていると、ほとんどがプレイング・マネージャーである。
でも、著者はそれでは疲弊するだけ結果は出せないとしている。
課長の仕事としては、
方針策定、部下の監督と成長、経営と現場のコミュニケーション、社内外の政治の4つを挙げる。
この部分についてはなるほどとは思うものの、
プレイヤーとしての自分を失いたくないという気持ちもある。

ところで、著者は家族の障害や病気という問題を抱えていた。

『ビッグツリー』を読んで、「あんなに家族が大変なのだから、
仕事をやめて家族のために全力を尽くすべきだ」との苦言を
寄せていただいた方が何人かいらっしゃいました。
しかし、もしも仕事をやめて家族のために朝から晩まで家にいたら、
気が狂っていたかもしれません。

僕は著者ほどの困難な状況にはないものの、
この気持ちはなんとなく理解できる。
何か別の道を持っておくことはとても大切なのではないかと思う。

レベル感は全然違うと思うが、
たとえば仕事とそれ以外の趣味でもなんでもいいライフワークみたいなものがあったとき、
仕事できつくてもそれ以外で充実していることが生活の支えにはなるだろう。
そのことが、仕事へも好循環をもたらすことになるように思う。
生活者としてのいくつかの顔を持っているほうが、
どこかで困難にぶつかっても、好循環へと戻していきやすいのではないだろうか。

この本は架空の新任課長への手紙という形で作られている。
読みやすいだけでなく、著者の温かさみたいなものも感じられる。
課長になったらもう一度じっくり読み直すだろうなあ、と思う。

人気ブログランキングへ
↑気に入っていただいたら、応援のクリックよろしくお願いします。

【新版】ビッグツリー~自閉症の子、うつ病の妻を守り抜いて~【新版】ビッグツリー~自閉症の子、うつ病の妻を守り抜いて~
佐々木 常夫

WAVE出版 2009-07-16
売り上げランキング : 5698
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ビジネスマンの父より息子への30通の手紙    新潮文庫ビジネスマンの父より息子への30通の手紙 新潮文庫
G.キングスレイ ウォード G.Kingsley Ward 城山 三郎

新潮社 1994-04-01
売り上げランキング : 1144
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|
|

« 雑誌メモ:『日経ビジネスアソシエ 2010年11/16号』 決定版手帳術2011 | トップページ | ラグビー:2010-11TL第7節 サントリー×ヤマハ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!
丁度先日佐々木常夫さんのこの本を読んだので、他の方の感想を探していました。

>生活者としてのいくつかの顔を持っているほうが、
どこかで困難にぶつかっても、好循環へと戻していきやすいのではないだろうか。

という感想、本当にそうだと思います。
また覗きに伺いますね♪

投稿: PU-TAO | 2010年11月16日 (火) 20時23分

>PU-TAOさん

コメントありがとうございます。
またぜひ遊びにきてくださいー。

投稿: だぶ | 2010年11月17日 (水) 00時46分

私も読みました。

課長になる前に読みたい本ですよね。

ですので、私にとっては

課長になってから、
課長の勉強をしているようでは遅い(p162)

というのが厳しかったです。

投稿: 本のソムリエ | 2011年2月11日 (金) 13時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160640/37345803

この記事へのトラックバック一覧です: 読書メモ:『そうか、君は課長になったのか。』 佐々木常夫:

» 読書:そうか、君は課長になったのか。 [通勤プロフェッショナル]
【送料無料】そうか、君は課長になったのか。読みたかったんですよね。この本。ご家族のこともあって、6時に退社せざるを得ない中で、チーム力を高めて成果を出した方。まだ、読み... [続きを読む]

受信: 2010年12月 4日 (土) 22時41分

« 雑誌メモ:『日経ビジネスアソシエ 2010年11/16号』 決定版手帳術2011 | トップページ | ラグビー:2010-11TL第7節 サントリー×ヤマハ »