« 読書メモ:『顧客満足[CS]の知識』 小野譲司 | トップページ | ラグビー:2010-11大学関東対抗戦 早稲田×慶応 »

読書メモ:『ビジネスで一番、大切なこと 消費者のこころを学ぶ授業』 ヤンミ・ムン

ビジネスで一番、大切なこと 消費者のこころを学ぶ授業ビジネスで一番、大切なこと 消費者のこころを学ぶ授業
ヤンミ・ムン 北川 知子

ダイヤモンド社 2010-08-27
売り上げランキング : 602

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「なるほど!」という気づきのある本ではあったが、
タイトルの『ビジネスで一番、大切なこと』というのは、ちょっと違うかな、という印象。

よく「差別化」という表現を使うが、
この本で指摘されているように、
差別化しようとするあまりに、
自覚なしに均質化していくという現象は確かにと思う。

弱点を克服しようとして、
あるいは競合との差を埋めようとすると、
結果的には均質化していく。

消費者に尋ねるということは、 「まだ手に入れてないものは何か」だけではなく、 「競合他社が何を提供しているか」を聞くに等しい。 これが市場調査の問題点である。
確かに指摘されているようなことは起りうるし、 リサーチャーとしては耳が痛いところではある。

では、ほんとの意味で差別化に成功しているブランドとは?
ということで、例が挙げられているのは、
グーグルやIKEAを例とするリバース・ブランド
ソニーのAIBOのようなブレークアウェー・ブランド
レッドブルなどのホスタイル・ブランド
などといったものだ。

いずれも共通するのは、いわゆる市場調査に基づいていない、としている。
そしてこれは重要なことだと。

イノベーションを実現するには、
市場調査から得られるデータの先にあるものを見なくてはならない。
調査データは客観的かもしれないが、
お粗末なほど不完全で、そこからわかるのは物語の半分だけだ。
残りの半分を手にするために、
私たちは自らの想像力を働かせなければならない。

別に市場調査を否定しているわけではないが、
それだけでは足りないということだろう。
まあ、確かにそれはそのとおりだと思う。
いろいろな手法で消費者を理解しようと試みるけれども、
完全な手法などありはしないわけで、
でも、ある程度の理解がなければ、
そこから先へ考えを進めることも難しいのではないかとも思う。

リサーチャーとしては、
どれだけ消費者の本質を切り取れるのか、
マーケターに気づきを与えることができるのか、
そこにこだわっていくしかないかなあと思うのだが。

著者自身がこの本の出だしで述べているが、
この本は別に系統だったイノベーションの本でもなく、
何か差別化するための解答が述べられているというわけでもない。
自分で考えるためのヒントにするための本であり、
そういう意味では気づきのあるいい本だと思う。


人気ブログランキングへ
↑気に入っていただいたら、応援のクリックよろしくお願いします。

|
|

« 読書メモ:『顧客満足[CS]の知識』 小野譲司 | トップページ | ラグビー:2010-11大学関東対抗戦 早稲田×慶応 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160640/37712282

この記事へのトラックバック一覧です: 読書メモ:『ビジネスで一番、大切なこと 消費者のこころを学ぶ授業』 ヤンミ・ムン:

« 読書メモ:『顧客満足[CS]の知識』 小野譲司 | トップページ | ラグビー:2010-11大学関東対抗戦 早稲田×慶応 »