« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

パパの視点:そろそろ名前を考えないと…

予定日まであと1ヶ月くらいにせまって、
妻のお腹は日に日に大きくなっている。
男の子だからってわけじゃないだろうが、
お腹の中でかなり元気に動きまわっているらしい。
ところが…、僕がさわると動きが止まる…。
なんで?もう嫌われてしまったのか??

できるだけ話しかけて、パパだということを認識してもらわないとなー、
なーんて思う今日この頃。
で、そろそろ名前も決めないとなー、と。

いうことで、名前辞典を買ってみた。

しあわせ漢字を贈る 男の子の名前しあわせ漢字を贈る 男の子の名前
田宮 規雄

高橋書店 2010-05-18
売り上げランキング : 488885

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

本屋さんに行くと、たくさんの名前辞典があって、
大体同じくらいの厚さで、価格は1500円くらい。
内容も似たような感じだったのだけど、
この本は漢字の説明が他の本より詳しいってことでチョイス。
でも、説明になってないよー、っていう漢字もあるので要注意…。

ちなみに、ふと気になったのは、自分の名前。
ってことで、自分の名前を改めて調べてみたところ、
結構いい意味じゃないかー、と。
まあ、自分の名前の説明がいい感じだから、
それもこの本を買った理由だったりする。

家に帰ってきて、ずーっと眺めて、
気になる名前を書いてみたりしているが、
うーん、考え始めたら、まとまらなくなってきた…。

お正月休みにじっくり考えようっと。

人気ブログランキングへ
↑気に入っていただいたら、応援のクリックよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ラグビー:2010-11大学選手権2回戦 早稲田×関西学院

昨年は早稲田が越えられなかった壁、大学選手権2回戦。
今年は62-12で早稲田が関西学院に勝利、きっちり準決勝へと駒を進めた。

最終的な点差は50点と開いたけれど、
内容的には大きな差がないのでは?と思う試合だった。
特に前半の関西学院は、タックルが良く、
前で早稲田を止めることができていたように思う。

逆に早稲田のタックルはちょっとミスが多いようにも見えたのだが…。
また、パスミスも多いなという印象。
呼吸が合わないというか、そんな感じであった。

それでも、中濱が4トライをあげるなど、個々には強さを見せつけた感じ。
坂井、井口などは警戒されていた感じがあったが、
それでもゲインするときはしてたし、
もう少し呼吸が合えば、もっととれていたかもしれない。

心配なのは、モールディフェンス。
今日は2本とられ、その後のディフェンスは修正されていたものの、
準決勝の相手は明治なわけで、やはりFW戦がカギになることは必至。
早明戦のときのように耐えられるかどうか、がんばってほしい。

あとはSH榎本がケガで退いているが、大丈夫だろうか?
西橋もケガしているし、SHにケガ人が多いのも心配要素である。

さて、準決勝の組み合わせはこういうことに…
帝京大学×東海大学
早稲田大学×明治大学

なんだかんだで帝京が勝ち上がってきたが、
次の東海戦はどうなるだろうか?
今年の東海は強いと思うのだが。

そして早明の戦いはどうなるか?
もちろん早稲田に勝ってほしいのだが…。
ということで、決勝戦の予想は、早稲田×東海。

さて、どうなることやら…

人気ブログランキングへ
↑気に入っていただいたら、応援のクリックよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

読書メモ:『ゴールデンスランバー』 伊坂幸太郎

ゴールデンスランバー (新潮文庫)ゴールデンスランバー (新潮文庫)
伊坂 幸太郎

新潮社 2010-11-26
売り上げランキング : 95

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ずうっと読みたいと思っていながら、
なぜかハードカバーでは手に取りつつも買うに至らず、
ひたすら文庫化を待って、ついにこの間手に入れた。

忙しい毎日の合間を縫って、夢中で読み、
あっという間に読み終えてしまった。

巨大な陰謀-
突拍子もないようでいて、
こういうことは意外と普通にあることなのかもしれない、
そう思ってちょっと恐怖を感じた。
国家権力などというものほど信用ならないものはないし、
マスコミに対する風刺はまさしくその通りだと思った。

セキュリティポッドなるものが出てきたり、
携帯電話を盗聴していたり、位置情報を掴んだりするが、
この本はフィクションだが、実際には行われているんだろうなあ、
なんてちょっと想像してしまう。
監視社会ってやつはわりと目の前にあるんじゃないだろうか。

「逃げる」っていう選択肢と、
仲間がいることの心強さが印象に残っている。
ラストはなんかちょっとジンときた。

人気ブログランキングへ
↑気に入っていただいたら、応援のクリックよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年の手帳は能率ダイアリーのリスティ1に決定

忙しくて手帳を買いにいく暇がなかったのだが、
今日は久々に休みがとれたので、
渋谷のロフトで手帳を探してみた。

ここ最近はクオバディスを愛用していたのだけれど、
ちょっと飽きてきたかなあ、と思って、
違うのを探していて出会ったのが今回の手帳。

月間のスケジュールが書けて、
週間スケジュールがバーティカルに書けるスタイルはこれまでと一緒。
ただ、方眼レイアウトなので書きやすそうに思ったのと、
スリム縦長なので、1日のスケジュールの下のスペースがやや広く、
to doリストなどが作りやすそうに思ったのが決め手。
デザイン的にはクオバディスのほうがおしゃれ感はあるんだけど、
まあ、気分を変えてみようということで、こちらにスイッチ。

日経ビジネスアソシエとのコラボ商品らしく、
なんかちょっと地味な感じではあるものの、
それなりに使いやすそうに思ったこともスイッチのきっかけになってるかも。


ちなみに、高橋書店の5年日記も新しいものを購入。

2011年版 No.16 5年横線当用新日記2011年版 No.16 5年横線当用新日記

高橋書店 2010-09-20
売り上げランキング : 126221

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2006-2010版が今年で書き終わるので、新しいものということで、
同じ高橋書店の5年日記No.16をチョイス。
1日分の欄が5行くらいなので、メモ的にその日あったことや、
その日感じたこと、気分などを書いていくものにしている。
毎日書くことにはしていなくて、
気が向いたときに書くレベルなので、
行数も少ない、このくらいのタイプがちょうどいい感じ。

その日の5年分が同じページで一覧できるので、
ああ、去年はこんなことをしていたのか、
2年前はこんな気持ちだったのか、
そんなことを振り返ることができて結構面白い。

今年もあと少し、がんばっていこう。
そんでまた来年もいい年でありますように。

人気ブログランキングへ
↑気に入っていただいたら、応援のクリックよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

読書メモ:『選手の心を動かす監督の言葉』 小宮山悟×清宮克幸

選手の心を動かす監督の言葉選手の心を動かす監督の言葉
清宮 克幸 小宮山 悟

ぴあ 2010-11-22
売り上げランキング : 22916

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


早稲田大学野球部出身で、
ロッテやメジャーで投げ、44歳まで現役を続けた小宮山悟氏。
早稲田大学ラグビー部出身で、
サントリーで活躍した後、
監督として早稲田を再生させた清宮克幸氏。
この2人による対談本である。

ラグビーファンであり、清宮ファンである僕がこの本を読むと、
どうしても清宮氏の発言ばかりに目がとまってしまった。

それにしても清宮氏は、
技術論と精神論、最先端と伝統、みたいな、
相反しそうなところをバランスよく取り込んでいると感じる。
バランスよくといっても、中途半端では決してない。
バランスを取りながらも、しっかりとがったものを創りあげている。
この辺のセンスはすごいな、と思う。

リーダーとして組織をどう運営していくべきか、
ビジネスにも使えそうな話もいくつかあっていい本だった。
そもそも清宮氏はサントリーでは営業の仕事などもこなしていて、
ビジネスパーソンとしても優秀だったようだし、
だからこそ彼の話は、ビジネスでも使えそうな発想のものも多いのかもしれない。

ちなみにジョン・カーワンも好きだけど、
2019年のワールドカップのときには、清宮氏に代表監督やってほしいなあ。

人気ブログランキングへ
↑気に入っていただいたら、応援のクリックよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

音楽:『SENSE』 Mr.Children

SENSESENSE
Mr.Children

TOY'S FACTORY 2010-12-01
売り上げランキング : 1

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


最近、音楽の情報に疎くなっている。
CD屋さん、CDレンタルに足を運ぶことは少なくなったし、
雑誌を読んだりすることもない。
ネットからダウンロードってこともないし。
音楽は好きだけど、
だんだん新しいものを常にチェックみたいなことはなくなってきた。

だから、今回のミスチルのニューアルバムを見つけたのも、ほんとに偶然。
たまたま通りかかったCD屋さんで、
2年ぶりのニューアルバムと書いてあったので、
思わず買ってしまった。

相変わらずのミスチル節に安心感を抱きつつ、
昔ほど、新しいアルバムが出るたびに感じた、
新鮮な高揚感というか幸福感というか、
そういうのは少し薄れた感じにさみしさを抱きつつ…。
感性が鈍ってきているのか、
好みが変わってきているのか。
でも、意外と過去のアルバムは今でも好んで聴いているんだけど。
このアルバムも聴きこんでいくうちに印象は変わるんだろうか?

なんかちょっとネガティブっぽい書き方だけど、
でも、このアルバム自体の完成度が低いとかそういうことでは全然ない。
「I'm talking about Lovin'」「365日」あたり、ミスチルっぽい感じで好きだし、
まあとにかく、もっとゆっくり聴きこんでみようっと。

人気ブログランキングへ
↑気に入っていただいたら、応援のクリックよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

雑誌メモ:『日経ビジネスアソシエ 2010 12/21号』 サバイバル英語術

サバイバル 英語術 日経ビジネス Associe (アソシエ) 2010年 12/21号 [雑誌]サバイバル 英語術 日経ビジネス Associe (アソシエ) 2010年 12/21号 [雑誌]

日経BP社 2010-12-07
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

アソシエの英語特集。

楽天に聞く「英語公用語化」の24の疑問
という記事が僕の中では非常に面白かった。

日本企業が英語を社内公用語にする、
そのニュースが流れたときには、
ほんとにできるのだろうか?
うちの会社では無理かなあ?なんていう感想を抱いた。
果たしてその後どうなっているのか?
今回の記事では少しそのあたりが垣間見れる。

楽天の回答者が人事の方なので、
もちろんポジティブなことを言わざるを得ない立場だと思うし、
だからほんとにほんとのところはわからないながら、
楽天社内ではわりとポジティブに英語と向き合う姿がみえてくる。
自分も英語をがんばろうと思うけれど、
個人の力で取り組み続けるのは結構つらい。
組織として使わざるを得ない状況っていうのは、
学習効果は高いんだろうなあ、と思うとちょっとうらやましい。

それ以外に気になった記事はやっぱり学習法。
音読、をオススメする記事があったが、
この方法は試してみようと思った。

電話とかメールについてのアドバイスも掲載されているが、
こちらはほんとに一口情報な感じがして、
ちょっといらないかなと思ってしまった。
特集するならがっちりやってほしいかな、と。

ちなみに今号の特集で、
週末活性化計画
っていうものも何気に参考になった。
ここ数カ月、週末なんてない生活を送っている僕にとって、
やっぱり週末のリフレッシュは大切だよな、と思わされた。

人気ブログランキングへ
↑気に入っていただいたら、応援のクリックよろしくお願いします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

ラグビー:2010-11大学関東対抗戦 早稲田×明治

31-15で早稲田が明治に快勝!
そして、逆転で対抗戦優勝を決めた!!
んー、素晴らしいhappy01

早明戦での勝利はできたとしても、
対抗戦優勝はちょっと厳しいかなあなんて、正直思っていたところ、
(ぎりぎりの勝利になるかと予想してたので)
4トライ挙げて、明治を2トライに抑えての逆転優勝。
いやー、良かったよかったhappy02

今日は粘りのディフェンスが素晴らしかった。
これぞ早明戦という戦い。
明治がFWで押して、早稲田がゴール前、ディフェンスで耐える。
何度もしのぎきる場面があったけれど、感動モノのディフェンスでした。

アタックでは、基本的にはカウンターがしっかり決まってたわけだけど、
中濱、坂井の動きはとても良かったと思う。
坂井は今シーズンほんとに活躍してるなあ。
有田キャプテンも今日はいつも以上にがんがん前に出てた気がして、
とてもいいパフォーマンスだったのではないかと。

山中のキックも今日は5/5。
PG決めたあとのアピールは、
自信のなさの裏返しみたいでちょっと余計だったけど…。
大学選手権も厳しい戦いが続くだろうし、
その中で、彼のキックはとても重要になってくると思う。
タッチキックでちょっとミスっぽいのもあったけど、
好調をキープしていってほしいなあ。

さて、大学選手権。
昨年の借りを返してほしいところ。
だが…、抽選で帝京がいったいどこに入っていくのか?
というのがちょっと不気味。
明日の抽選会、注目しよう。

人気ブログランキングへ
↑気に入っていただいたら、応援のクリックよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年11月に読んだ本・観た映画まとめ

忙しかったものの、少しだけとれたお休みには映画を2本観た。
映画をみるなんて久しぶりだったな。
でも、疲れていたので、肩のこらない気楽なサスペンスをチョイス。

本はわりとビジネス系の本が多かったかな。
そういや最近小説を読んでないな…。
もう少し落ち着いたらゆっくり読んでみようっと。


だぶの本棚
2010年11月
アイテム数:10
あたらしい戦略の教科書
酒井 穣
読了日:11月03日
{book['rank']

顧客満足[CS]の知識(日経文庫)
小野 譲司
読了日:11月07日
{book['rank']

残念な人の仕事の習慣 (アスコムBOOKS)
山崎将志
読了日:11月14日
{book['rank']

消されたヘッドライン 【VALUE PRICE 1500円】 [DVD]
ケヴィン・マクドナルド
読了日:11月28日
{book['rank']

サブウェイ123 激突 コレクターズエディション [DVD]
トニー・スコット
読了日:11月28日
{book['rank']

powered by ブクログ

人気ブログランキングへ
↑気に入っていただいたら、応援のクリックよろしくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »