« 読書メモ:『阪急電車』 有川浩 | トップページ | 雑誌メモ:『日経ビジネスアソシエ 2012. 5月号』 今、読むべき本 »

読書メモ:『本はどう読むか』 清水幾太郎

本はどう読むか (講談社現代新書 297)本はどう読むか (講談社現代新書 297)
清水 幾太郎

講談社 1972-11-20
売り上げランキング : 95169

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


教養新書合同フェアで購入した本。
教養書なんて読む必要があるものではないけれど、
「立派に」生き、「立派に」死ぬために読むのだとする。
この「立派に」というのが、どういうことなのか。
というのは、それこそ読書を通して自分で定義づけることなのかな、と解釈した。

それから本を読んだら、当たり前かもしれないが「考える」ことが大事。
読んで、理解した、だけではなく、そこから何を感じ、考えたか。
それがないと本の内容が自分の力にならないよなあと反省。
読むことだけに重きを置いていたので、
「考える」ことを意識したい。

そこを意識すれば、それはたった一行でも考えるに値する部分があれば、
その本は自分の役に立ったということだ。
逆にそこしか役に立たなさそうだったら読むのをやめればよい。
清水先生が言っているのは、たぶんそういうことかな、と。

以下、気になった部分を引用メモ。

言い換えれば、人生論の本ばかり読んでいても駄目だということである。
しかし、私は以前から考えているのだが、 思想というものを最終的にテストするのは、 家庭という平凡な場所であると思う。
本を読みながら、「なるほど、なるほど」と理解しても、 そういう理解は、心の表面に成り立つ理解である。 浅い理解である。 本を読んで学んだことを、下手でもよい、自分の文章で表現した時、 心の底に理解が生まれる。
或る本を読んで、一頁でもよい、一行でもよい、一語でもよい、 ハッとするところがあったら、読者としては大儲けである。


人気ブログランキングへ
↑気に入っていただいたら、応援のクリックよろしくお願いします。

|
|

« 読書メモ:『阪急電車』 有川浩 | トップページ | 雑誌メモ:『日経ビジネスアソシエ 2012. 5月号』 今、読むべき本 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160640/44455498

この記事へのトラックバック一覧です: 読書メモ:『本はどう読むか』 清水幾太郎:

« 読書メモ:『阪急電車』 有川浩 | トップページ | 雑誌メモ:『日経ビジネスアソシエ 2012. 5月号』 今、読むべき本 »