Favorite

スポーツが好きだー

スポーツは自分がやるのも好きだし、観るのも好きである。

やるほうは、最近は週に1回のテニススクールだけになってしまった。
野球とかバスケとかもやりたいのだけど、なかなかやる機会はない。
学生時代だったら球技大会みたいなのがあったけど・・・。
テニスも楽しいんだけど、最近はちょっとマンネリ気味。
何か新しい、面白いスポーツを探し中。

さて、観るほうはどうか。
野球、サッカー、ラグビーはよく観る。
テレビ観戦が多いが、会場に足を運ぶこともある。
ラグビーはテレビ観戦よりも会場に行くことが多いかな。
ラグビーは現場で観るほうが何倍も面白いから。
実はサッカーはまだ会場に足を運んだことがない。
一度行ってみたいと思っているのだけど。
あとはバスケのbjリーグなんかも観てみたいかなあ。

このブログはスポーツ観戦記中心にすることにしたのだが、
ラグビー、野球、サッカー、テニスを取り上げることが多いかなあ。

ちなみに、
ラグビーは学生では早稲田、トップリーグはサントリーとヤマハが好き。
海外リーグをJSPORTSで観ることもある。
もちろん代表戦も見に行く。
2011年のニュージーランドでのワールドカップはぜひ見に行きたいと目論んでいる。

野球は楽天と西武ファン。
東北は山形の出身なのと、野村監督が好きなので楽天ファン。
西武は黄金時代からのファンである。
ただ、パ・リーグで両方とりあげるのもなあ、と思っているところ。
そこで、今年は楽天を応援しようと思う(いまのところは・・・)。
去年みたいに失速して、そのとき西武が強ければ、
やっぱり西武を応援するかも。
とりあえずは楽天を応援するぞ!!(優柔不断・・・)

そしてサッカーはもちろんモンテディオ山形。
サッカー現場デビューは山形戦にしたいと思っているところ。
今は好調だけど、今年はとりあえずJ1に残ってくれれば御の字かな。
日本代表には最近はあんまり興味がないなあ。

ということで、最近のスポーツとの関わりを整理してみたのでした。

人気ブログランキングへ
↑気に入っていただいたら1日1回ぽちっとお願いします

| | コメント (0)
|

マンガ

私はいわゆる「少年ジャンプ世代」に属する。
マンガはよく読んでいたし、今もかなり読んでいるほうだと思う。

毎週、少年マガジンとサンデー、週刊モーニング、
隔週でビッグコミックスペリオール、
それに月刊マガジン。
これは欠かさずに購入している。

その他にも、ビッグコミックスピリッツやオリジナルは立ち読み、などなど。

イヤなことがあったり、気分的に落ち着かないとき、
マンガは精神安定剤になってくれる。
ストレス解消法の1つは「マンガを読むこと」で間違いない。
ちょっとした時間つぶしもやっぱりマンガ。
ブックオフで立ち読みしてみたり、マンガ喫茶に行ったり。

ただ、描いてみようと思ったことは一度もないかも。
絵心がないっていうのが一番かもしれないけれど、
マンガを仕事にしようとはあまり思ったことはない。
マンガの編集者になってみたいとチラッと思ったことがないでもないけど、
真剣にそう思ったことはない。

マンガは好きだけれど、仕事にしたいものではない。
これからもずっとマンガを読み続けていたいと思うけれど、
それはあくまで1人の読者として関わっていたいものなんだろう。

さて、ではどんなものを読んでいるか?
それはまた追々紹介していこうと思うけど、
とりあえず1つ挙げておくと、
ビッグコミックスピリッツで隔週連載されている
「MOON」曽田正人
はいつも待ち遠しくしている作品。
天才バレエダンサーの話で、「昴」というマンガの続編。
「昴」がなんだか中途半端な感じで終わり、
続きが読みたいとずっと思っていたので、
ほんとに待望の連載。

ちなみに、この手の天才系の話は結構好きhappy02

MOON 2―昴ソリチュードスタンディング (2) (ビッグコミックス)BookMOON 2―昴ソリチュードスタンディング (2) (ビッグコミックス)

著者:曽田 正人
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

人気ブログランキングへ
↑気に入っていただいたら1日1回ぽちっとお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

カフェ

前回のFavoriteではコーヒーについて書いた。
今回はコーヒーつながりで、カフェ。

最近、早起き習慣をつけることを目標にしている。
今までより早く出社して、朝集中して仕事をし、
帰りは残業しないでなるべく早く帰る。
僕の会社はフレックス制なのだけれど、
以前は遅出で、深夜まで残業を当たり前にしていた。
だけど、これだと時間の使い方がだらだらしていて、
自分のための時間が全くとれていないことに気がついた。
そこで朝早く出社し、朝の集中力で、時間を凝縮しようという作戦。

今のところ概ね上手くいっていると思う。
そしてちょっと早起きに慣れてきたので、
今度は出社前にカフェに寄って、
コーヒーを飲みながら本を読むということをやっている。
これが結構いい。
本もビジネス書やビジネス雑誌を読むことで、
勉強になるだけでなく、仕事の準備運動になっている。

このカフェをどこにするか?
出社途中にいくつかあるので、試しているが、
結局スターバックスが一番落ち着くという結論に至った。

空間がゆったりしているからだ。
適度に人のざわめきがあって、
でも、それが邪魔にならない距離感。
それが好きである。

ドトールやプロントにも行ってみたが、
テーブル感覚の狭さに辟易した・・・。
なんか落ち着かないのだ。
人の密集度が不快指数を上げている。
(もちろんどの店舗を利用するかに寄るのだろうが、
僕が行ってみたところがそうだったということに過ぎない。
スタバも狭いところは狭い・・・。)

落ち着いた色彩とインテリア、
適度な人のざわめきと、
邪魔しない程度にかかる音楽。
(ちなみに人が全くいないのも落ち着かない)
ゆったりした空間で、視界が広いこと。
タイトルを「カフェ」としたけれど、
つまりは上記のような空間が好きだということである。

生活時間の少しでも多くを、
自分の好きな空間で過ごしたい。
家も職場もできるだけ自分の好きなものに近付けたい。
(家は引っ越しできるけど、職場はまあどうしようもないけれど・・・)
そんなことに気がついたのでした。

ちなみに、早起き習慣はついてきたけれど、
睡眠の質はあまり高くないのが悩みのタネ。
カフェインの摂りすぎなのか、眠りが浅く、
割と早めに目が覚めてしまう・・・。
眠りを豊かにするためにどうするか、それが次のテーマかな。

人気ブログランキングへ
↑気に入っていただいたら1日1回ぽちっとお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

コーヒー

新しいカテゴリーを追加した。
その名も「Favorite」。
自分の好きなものを探そう、ということ。

以前、
渡辺パコの35歳からは好きなことでお金を稼ぐ
という本を紹介した。

自分の人生を生きるために、Favoriteを探してみよう。
そんな風に書いてみたものの、
自分の好きなものやことって、うーん、意外と見つからない・・・。
ということで、なんでもいいからブログに書いていくことにした。
そうやっていくうちに、
自分のFavoriteを抽象化していけたなら、
好きなことを仕事にすることもできるんじゃないかって。

こんなことでFavoriteの探し方があっているのかわからないけど、
まあ、気楽になんでも思いついたら書いてみよう。
気軽にできる「自分探し」ってやつかな。
書き貯めたら、何か傾向が出てくるかも。

そんなわけで初回に見つけたのは「コーヒー」。
考えてみると毎日3~4杯は飲んでいる。
缶コーヒーを2~3杯、コーヒーショップのコーヒーを1杯。

缶コーヒーは大抵銘柄が決まっている。
ボス、ワンダ、ダイドーデミタス、
たまーにファイアかジョージア。
ルーツだけは絶対に飲まない。
以前2度ほど飲んだけれど、お腹をこわしたから。

ブラックにするなら、
UCCが一番好きで、次にボス、ワンダ。
こんなに銘柄を書いているとなんでもいいような感じだが、
それなりに気分で飲み分けている。
朝はワンダだな、とか(これって企業に踊らされてるだけか?)。

砂糖入りは体に悪い気がして、本当は控えようとしている。
だけど、やめられない。
もうカフェイン中毒、砂糖中毒になっているんだろうか・・・。
朝、糖分の入った缶コーヒーはなんだか頭に栄養を与えてそうな気分なのだが。
そんなわけないんだろうか。

コーヒーショップはどこにいくか?
スターバックスが一番多い気がする。
次がタリーズ、プロント、ドトールあたりか。
要は会社や自宅から近くにあるお店だなあ・・・。

店で飲むならやはりスタバが一番好きかな。
なんといっても落ち着く。
でも、たまに狭い店があって、それは嫌い。
ドトールは安いし、それなりに美味しいけど、
やっぱり空間として落ち着かないからイヤだ。

と、よくよく考えてみると、
実はコーヒーの味はよくわかっていない。
ただ、「これは旨い!」というのには出会っていない。
たまにふらっと小さなコーヒー屋さんにも行く。
でも、まだ出会ってないな。

コーヒーの味が好き、というよりも、
コーヒーを飲んでいる自分、
心地よいお店にいることの満足感、
それが好きなのかもしれないな。

こんな風に、たまに、
ちょっとずつ考えていってみようと思う。

人気ブログランキングへ
↑気に入っていただいたら1日1回ぽちっとお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|